やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

トヨタ 新型プラド TX試乗 ラダーフレームの実力は? 前編

 

 こんにちは togariです。

先日BSのカーグラフィックTVの本格4WD特集を見ていると気になる1台が!

最近街で見かけるマイナーチェンジした新型プラドがとくにカッコよく映っていて、

ラダーフレームの元祖クロカンSUVを試乗して来ました!

 

f:id:togari31:20190129224945j:plain

今回試乗してきたクルマは 

 

新型プラドTX  ガソリン仕様のベースグレードです。

 

本当はトヨタの2.8Lのディーゼルエンジンに乗りたかったのですが、

試乗車が無くガソリン仕様に試乗して来ました。 

ガソリン仕様の情報はあまり無いと思うので、プラド検討中の方の参考になれば幸いです。

 

 エクステリア

 

f:id:togari31:20190203000550j:plain

今回のマイナーチェンジでココが一番のポイントだと思います。

とくにフロントデザインは力強いデザインでうまくまとめられています。

マイナーチェンジ前は、ちょっと威圧的なデザインだったので、今回はフロントから見ると別のクルマに見えますね!

街中で見かけてもつい目で追ってしまいますw

ボンネットの中央に凹みが付いたデザインになったのですが、試乗した時に以外な理由が解りました!

フロントグリルは今回かなり大きくなりましたが、実際みてみるとそこまで主張が 無く、

個人的にはランクル200系よりデザインは好みです。

 

ノーマルで乗っても十分カッコいいフロントデザインですね。

 

 

f:id:togari31:20190203000811j:plain

デイライトはヘッドライト下で控えめに光るのが良いです。

  

へッドライトは全グレードにLEDとデイライトを搭載しています。

全グレード標準は良いですね!

 

デイライトが付く事で見た目も先進的に見えます。

 

f:id:togari31:20190129225658j:plain

新型プラドのサイドビューです。

サイドからは角型のボディーラインでどっしりとしていて、丸っこさは無く、

正統派クロカンのデザインですね。

新型プラド街中ではパ-ルホワイトをよく見かけますが、

ブラックのプラドも塊感があってカッコ良かったです!

ブラックだと全体が引き締まって見えますね!

このカラーは自分の愛車ハリアーと同じ202ブラックになるのですが、

とにかくキズが着きやすく手入れが大変です。 

洗車後の満足感は最高なんですが..

 

ただベースグレードだとタイヤハウスの隙間が大きく、ホイールデザインは少し気になるなと思いました。

 

f:id:togari31:20190129225456j:plain

 

 TXグレードのホイールは17インチのタイヤが標準装着されています。

クロカンなのでクルマのキャラクターからすればワイルドで良いのかもしれないですが、実際見ると少し地味に感じました。

これはこれで ワイルドなんですけど、少し寂しいですね。

  

ひとつ上のグレードのTX-Lからは18インチの切削ホイールが¥64,800-でオプション装着できるそうです。

 

f:id:togari31:20190131231720j:plain

 

f:id:togari31:20190131232557j:plain

 トヨタ自動車WEBサイト

 

 

 街中で見かけるのはこんな感じですよね!(写真は山ですがw)

 

ホイールで印象が全然変わります。

 

 

続いてリアビューです。

 

f:id:togari31:20190203005408j:plain

マイナーチェンジ後はリアコンビネーションランプの形状が抑えられてスッキリしたデザインになりました。

リアから眺めても角型のボディ-ラインで大きく見えて迫力がありました。

 

 

 

f:id:togari31:20190203011004j:plain

ラゲージルームを開けて見ました。 新型プラドのバックドアは横開きのドアになります。 ドアは大きかったのですが、実際開けてみると軽い力で開閉出来ました。

画像の下にダンパーが見えると思うのですが、

開けた際、任意に無段階で固定ができるそうです。 狭い場所での開け閉めにも配慮された機能ですね。

確認出来なかったのですが、リアガラス部分のみもリモコンで開閉できるそうです。

 

こういった実用的な機能は、普段の生活の中で重宝しそうですね!

スーパー等の 狭い駐車場では、全開できない事が多いので便利だと思います。

 

ラゲージルームの広さですが、 

写真が上まで映って無くてすみません。

実際に見てみると天井高が高くとても広かったです!

噂通り、キャンプやアウトドアスポーツの道具は十分詰めそうですね。

f:id:togari31:20190129230156j:plain

唯一タイヤハウスの出っ張りが気になる点だったです。

どうしてもここがデッドスペースになるのですが、

ここはクロカンなので仕方無いですかね。

 


新型プラドを購入を検討されている方にここで注意です。


新型プラドは7人仕様にすると、3列目のシートをラゲージの床に収納する為、

ラゲージの床が5人乗りより高くなります!

f:id:togari31:20190210225458j:plain

座席を下に収納する事でラゲージがフラットになるのは良いのですが、

プラドは元から床高が高い為、荷物の出入れはしんどくなりそうです。

 

さらに装備充実の最上級グレードTZ-Gは7人乗りしか設定がありません。

 

検討されている方は実際に確認されほうが良いと思います。

 

少し長くなりましたので後編で続きをお伝えしようと思います。

 

後編は、

  • 新型プラドのインテリアは?
  • 街乗りだけどラダーフレームの走行性能体感しました!
  • 新型プラド ベストバイは?
  • 以外なリセール

 のような構成でお伝えできたらと思います。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!