やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

トヨタ 新型プラドTX試乗しました!ラダーフレームの実力は? 後編

こんにちは。 togariです。

前回から新型プラド試乗としてエクステリアを紹介させて頂きましたが、

今回はインテリア・試乗編 をお伝えしようと思います。

 

f:id:togari31:20190203000550j:plain

1.新型プラド 実用重視のインテリア

2.新型プラド試乗 ラダーフレームの実力は?

3.新型プラド ベストバイグレードは?

4.新型プラド 以外なリセール

5.まとめ

 

 1.新型プラド 実用重視のインテリア

 

f:id:togari31:20190129225134j:plain

まずはドア 内側から見てみましょう。

 新型プラドは車高は高めですが、ステップがある為乗る際も楽に乗り込めました。

愛車ハリアーは、スカッフプレートを踏まないように跨いで乗ってるので変な体勢になるのですが、ステップあると乗り降りし易いなぁと思いました。

ドアを閉める際、新型プラドはドアハンドル仕様になっていて、大きい割には楽に閉める事が出来ました。 

最近のクルマはドアポケット仕様が多いので、ドアハンドルって機能的ですね。

 今回の試乗車は、ベースグレードのTXだったのでインテリアの装飾はシンプルです。

ドアパネルはハードプラ仕上げに、ファブリックの生地が貼って有り寂しい印象。

カタログを見ると内装色ベージュはドアもツートンで色分けされて印象がかなり違いました。内装がブラックだっただけに余計に寂しく思えたのかもしれません。 

個人的にはまたもドアポケットにドリンクホルダーが...

ハリアーより座席高いので届くのかなぁ。

 

f:id:togari31:20190206232959j:plain

新型プラドのフロントシートです。 ベースグレードなのでシートはファブリック仕上・調整機能も手動でランバーのみ電動でした。 

座ってみるとファブリック自体は柔らかく、端部が反り上がっているので、ホールドもしっかりして乗り心地は良かったです。

 ひとつ上のグレード TX-Lには、

シートから冷風を送るシートベンチレーションと、

シートを暖房で温めてくれるシートヒーターが標準装備らしいです!

国産車でも高級車にしか無い装備なのでここはスゴイ!

過酷な環境の中で走るクロカンならではの機能ですね!

うらやましいです...

 

 

f:id:togari31:20190129230021j:plain

新型プラドのフロントメーターです。

このあたりは照度コントロールが付いてるオプティトロンメーターと、中央に4.2インチの情報を表示するディスプレイがあります。写真がぼやけてますが、中央のメーターは昼間でも見やすく、文字も綺麗に映りました。

このあたりはハリアーと同じに見えました。

 

f:id:togari31:20190129230151j:plain

ハンドル部です。画像を削除してしまい、ドアップでスミマセン。。

ハンドル自体はウレタン巻き仕様で太目でした。 ここはグレードで大分仕様が変わるみたいです。

写真に映ってるハンドルスイッチなんですが、上下と左右のボタンが独立しているので操作しづらかったです。 

 

 

f:id:togari31:20190129225925j:plain

新型プラドのインパネ部です。 

シルバー加飾されていますが、金属では無くプラ仕上げでした。

エアコンは左右独立で調整出来るものですが、

中央の時計と表示が同じフォントである為、少し見づらい印象を受けました。

パネルスイッチ自体が大きかったんですが、

プラドは悪路を走行中も押しやすいように、スイッチを大きめに設定されているみたいです。

質感が高くはないですが、この辺りはクルマのキャラクターが出てますね。

ナビはディーラーオプションの8インチナビが装着されていました。

ちなみにメーカーオプションの純正ナビはベースグレードでも、

¥524,8810-だそうです。高すぎる...

とくにインパネと一体になっているとかではないので,社外ナビで十分な気がします。

www.alpine.co.jp

エアコンパネルの下には開閉式の収納があったんですが、上位グレードにはこの部分が

オフロードの走行支援パネルになるみたいです。

 

f:id:togari31:20190129230103j:plain

スイッチがまとまって配置されているんですが、ハザードの位置が悪いですね。

 

f:id:togari31:20190207230954j:plain

 

 新型プラドのシフト部です。

サイドブレーキはレバー式で、シフトノブはストレートタイプのブーツカバー付きでした。シフトブーツの下に長方形のパネルがあるんですが、最上位グレードTZ-Gだと、ココにドライブセレクトが付くみたいです。

 

f:id:togari31:20190207230927j:plain

新型プラドのセンターコンソール部分です。 

かなり大型でアームレストが前後にスライドでき、感触も良かったです。

 横幅に余裕があって試乗時もゆったり座れました。

コンソールの収納なんですが、開けるとなかなか機能的な装備がありました!

 

f:id:togari31:20190207233113j:plain

かなり深い収納なのですが、横の部分に丸いダイヤルがあって開閉できるようになっています。

その穴から冷房を送ってペットボトルなどの飲料を冷やす事が出来るそうです! 

 夏場のドライブやアウトドアの時にあると便利ですね!

これ欲しいです!

f:id:togari31:20190207231046j:plain

新型プラド助手席側です。

ここはグローブボックスにブラックのパネルオーナメントがあるだけでシンプルな仕上げでした。 

 新型プラドの安全装備は今回のマイナーチェンジで、トヨタセーフティーセンスPが標準装備されました。

  • 歩行者検知機能付きの衝突回避支援カメラ
  • 車線の逸脱警報装置 (ステアリングアシストは無し)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

などの装備が付いています。 このあたりは最近どのメーカーにも搭載されているので、クロカンの新型プラドにも装備され、普段の街乗りやロングドライブも快適になりそうですね。

 

f:id:togari31:20190208162156j:image

新型プラド後席です。

ファブリック仕様のシートで、大型のアームレストが付いていてゆったり座れました。

後席もドアハンドル仕様でした。

f:id:togari31:20190208162347j:image

172cmの自分が座った感じでは、コブシひとつ分位余裕がありました。 なにより天井が高いので広く感じて好印象でした。

7人乗りはさらに2列目のシートが135mmスライド可能 になり、リクライニング機能も装備しています

お世辞にも3列目は広くないそうで、あくまで補助席的な広さらしいので普段5人まで乗車する事で考えれば、

2列目はミニバン並に広い空間でゆったり座れそうですね!家族ウケも良さそうです♪

  •  5人乗りは後席の調整はできないものの広いラゲージスペースが魅力。
  • 7人乗りはラゲージ高が上がるものの2列目の広さが魅力。

 乗る人のライフスタイルで変わるのでどちらが良いかは難しいですね。

 

新型プラドのインテリアはグレードによって質感が大きく変わります。

最上級グレードのTZ-Gにすると、

 

f:id:togari31:20190207235912j:plain 

トヨタ ランドクルーザー プラド | トヨタ自動車WEBサイト

 質感全然違いますね!ただクルマの価格帯からすれば、個人的にはこれぐらいの質感は欲しいなぁと思います。

 

だだ、今回インテリアの感想としてはドアハンドルだったり、センターコンソールの冷却機能だったり、質感だけではない実用的な機能の充実が、プラドが長く愛される理由なのかなぁと思いました。 

最近のSUVには無い、細かな機能が魅力だと思いました。

 

2.新型プラド試乗 ラダーフレームの実力は?

 

f:id:togari31:20190209013212j:plain

いよいよ試乗です!

スタートプッシュボタンを押してエンジンを掛けると、

ドゥルルン、ゴーと結構大きなエンジン音がしました。(変な表現でスミマセン。)

駐車場から国道に出たのですが、ゼロ発信からの低速時は少し鈍い感じがしました。

アクセルを徐々に踏み込んで加速すると、4WDとラダーフレームの影響なのか、

直進の剛性安定感はすごいです!

クルマの車高は高いのですが、4輪がどっしりと地に着いてる感覚で、安定して運転できました。

ある程度スピードが乗ってからはロードノイズや、段差も静かに吸収してくれました。 

このあたりは乗る前の予想と大分違い、乗り味はオンロードでは乗用車的ですね。

ステアリングも以外に軽く、カーブ時のロールも予想以上に振れが少なかったのも以外でした。

 

素人なので表現が難しいですが、ボディーの剛性である程度吸収する、

これがラダーフレームの実力ってやつなんですかね?

 新型プラドのボンネットは中央が凹んでいるデザインなんですが、このおかげで車体感覚が掴み易く、車体の大きさはあまり感じなかったです。

デザインと機能性を両立されているすごくいいポイントだと思います!

ここは試乗するまでは解らなかった所です。

ボディー剛性に感心した一方、エンジン面では少し気になる点もありました。

試乗中信号待ちで停車したんですが、

新型プラドにはアイドリングストップが付いていません。

停車時には床からの振動と、ハンドルにも振動が結構伝わってきました。

運転中は乗用車的な印象だったのですが、停車時はトラックっぽい印象に思いました。

停車からの加速中に、アクセルを踏み込んでいくとタコメーターの回転数がすぐに2000rpmを超えてしまい、スピードが安定するまでに室内にエンジン音が大きく入ってきました。

新型プラドのガソリン仕様の燃費は

カタログ値で9.0km/Lです。多分実際は6~7km/L位でしょう。

2T超えの車体に2700ccのエンジンなので難しいかもしれませんがこのあたりは燃費に大きく影響してきそうですね。

ガソリン仕様の新型プラドを試乗した感想としては、

エンジン面では少し不満を感じるが、ラダーフレームの安定性と,運転のしやすさで街乗りもこなせる万能クロカンだなあと思いました。

今回ディーラーさんのご厚意で一人で試乗させて頂き、短い時間だったですが、新型プラドを細かく確認できてとても良かったです。

試乗って営業の方と同乗すると、説明をして頂いたり、会話をすると思うのでほとんどクルマの体感が出来ず終わってしまう事が多いと思うんですよ。

ディーラーの営業担当の方 ありがとうございました!

 

スミマセン。

ここでベストバイをお伝えしたかったのですが、営業の方からディーゼルモデルの試乗のご連絡頂いたので、次回追記としてディーゼルモデルの試乗と、ベストバイ・リセールの記事を書こうと思います。

もし良かったら読んで下さい。

 

最後まで読んでくださり ありがとうございました!