やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

【思わず出掛けたくなるクルマ!】スズキ・クロスビー試乗しました!

f:id:togari31:20190420005152j:plain

こんにちは。 togariです!

今回は、スズキ・クロスビーに試乗してきました!

見た目のPOPさとは逆に、いろいろな世代の方にも使いやすいマルチなクルマでした!

街で見かけるPOPなエクステリアのデザインがずっと気になっていたんですが、子育て中のママ車や、趣味の車としてもいろんな用途に使えそう!

暖かくなるこれからの季節、遊びにレジャーに活躍しそうなクルマになってます!

スズキ・クロスビーが気になっている方、検討中の方の参考になれば幸いです。

今回試乗させて頂いたのは、

 

スズキアリーナ 岩国中央さんです。

https://www.suzuki.co.jp/dealer/35208951.kouyasan-suzuki/

f:id:togari31:20190420005226j:plain

国道に面しておりアクセスも良好な立地です! クロスビーの他にも多くの試乗車が在庫されていました!

お近くの方は是非!

 

今回の試乗車両の情報です。

スズキ クロスビー ハイブリッドMZ  2WD

  • ボディーカラー  ピュアホワイトパール
  • 内装シートカラー アイボリカラーアクセント
  • 搭載エンジン      1.0L直噴ターボ 6AT マイル              ドハイブリッド  システム
  • 使用燃料     レギュラー
  • 燃費       JOC08モード 22.0km/L
  • 安全装備     スズキセーフティサポート
  • 車両寸法
  • 全長       3,760mm
  • 全幅       1,670mm
  • 全高       1,705mm
  • 乗車定員     5名
  • 車両価格     ¥2,003,400-      

 スズキ・クロス ビー エクステリア

f:id:togari31:20190421002121j:plain

スズキ・クロス ビーフロントデザインです。

今回の試乗車は膨張色のホワイトだった事もあり、実際に近くでみると思ったよりボリュームがあるな!という印象でした!

カワイイ丸目のヘッドライトが、最近のクルマにある複雑なデザインとは対照的で新鮮に見えますね!

バンパー部が大きくデザインされているので、兄弟車であるハスラーよりもふっくらした印象でした!

 

f:id:togari31:20190421004426j:plain

ヘッドライトの丸目の形状に合わせて、ボンネットのサイドラインに丸みをつけてあるのでカワイらしさが出ていますね! 柔らかい印象で女性にも支持されるポイントですね!

 

f:id:togari31:20190421002131j:plain

スズキ・クロス ビーヘッドライト詳細です。

MZグレードはヘッドライト・フォグライト共にLEDライトを採用しています。

ヘッドライトやフロントグリル周りはメッキ仕上げになっており、コンパクトクラスでもなかなか良い質感でした!

ヘッドライト下のバンパー部も光沢のあるグレーでクリア塗装されています。

ココのクリア部分はボディーカラーが変わっても同色になるみたいです。

大型の樹脂バンパーの間にある事で良いアクセントになっていますね!

 

f:id:togari31:20190423225915j:plain

今回の試乗車はホワイトでしたが、スズキ・クロスビーはボディーカラーの選択が幅広く行えるので自分だけの1台に仕上げる事も出来るトコロがイイですネ!

https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/detail/

 

f:id:togari31:20190420005233j:plain

スズキ クロス ビー サイドラインです。

サイドから見ると、なかなかマッチョなデザインです!

フロントガラスのラインがかなり立たせてあり、クロスオーバーの角型デザインに仕上がっています。 

フェンダーモールが大きめに付いてオフローダーの様にも見えますね! 

フロントから見た印象とは変わり、サイドは男らしいデザインですね!

 

f:id:togari31:20190421012032j:plain

スズキ クロス ビーフロントタイヤ詳細です。

オーバーフェンダーが太い! 樹脂塗装仕上げがよりワイルド感を出していますね!

タイヤは16インチアルミホールを装着しています。このクラスとしては16インチは大きいですね!

一見鉄チンホイールに見えるんですが、クリア塗装がされたアルミホイールになっていました。

 

f:id:togari31:20190421012706j:plain

クロス ビーMZグレードにはドアハンドルがメッキ仕上げになっています!

いつも触れるトコロなのでここの質感は嬉しいですね!

 

f:id:togari31:20190421010542j:plain

サイドデザインで特に目立つのがドア下のサイドパネル!

ゴツめのパネルがクルマを大きく見せる良いアクセントになってます! 

今回の試乗車はホワイトのパネルなんですが、オプションパーツが豊富で色々なアクセントカラーが選べます!

 

f:id:togari31:20190421011334j:plain

f:id:togari31:20190421011356j:plain

https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/xbee.html

画像は一部の例で実際はかなりのパーツが選べます! 

カタログを見るとすごいパーツ数でしたww

サイドにアクセントが入る事で、あまり派手なボディーカラーは苦手って方でも、

個性的にカスタム出来るのもクロス ビーの魅力の一つですね!

 

f:id:togari31:20190421013104j:plain

スズキ クロス ビーリアデザインです。

リアデザインもフロントと同じく、丸みを帯びたフォルムで柔らかい印象。

全高が1705mmあるので、ハスラーよりも立派に見えます!

 

f:id:togari31:20190421013112j:plain

リアランプもLED仕様で、六角形のハニカムを意識したデザインですね。

バックドアの車名エンブレムもPOPなインパクトです! 

最近はおとなしいデザインが多いクルマのエンブレムですが、

違和感無く見えるのはクロス ビーの絶妙なボディーサイズのおかげだと思います! 

MZグレードにはリアパーキングセンサーが標準装備! コンパクトクラスでもこういう快適装備がついているのは嬉しいですね!

 

f:id:togari31:20190421021125j:plain

ラゲージルーム開けてみました。

なんかラゲッジフロアが違うぞ!!

汚れた物も気にせず置ける防汚タイプになってます!

キャンパー使いにもバッチリですが、

普段の公園遊び道具をそのまま積み込めたりとか、釣りをする方なんかは濡れた物をヒョイと載せられたり、使い方の幅が広そうですね!

 

f:id:togari31:20190422225244j:plain

バックドア側からもリクライングや前後の幅調整が出来ます!

 

f:id:togari31:20190422225743j:plain

ラゲッジの下にはアンダーボックスがありました!

2WDだと容量は81Lもあり、洗車道具も十分に入りそうですね!

中央の深い所へはベビーカーを立てて収納する事も可能です! 

ベビーカーって後席にしまうと狭い所では出し入れが大変だと思うので、これは便利ですね!

両サイドの取っ手を持つと、ボックス毎取り外す事も出来ます!

 

f:id:togari31:20190422230220j:plain

蓋の部分は立てて使用する事も出来ます!

いやー!このラゲッジの機能はスゴイですね! 

本格クロカンでもココまで機能性が高いのはあまり無いと思います!

続いて内装を見てみましょう。

f:id:togari31:20190422231452j:plain

 クロス ビーハイブリッドMZ 運転席です。

インパネとドアトリムにホワイトのパネルが付いてアクセントになっていますね!

 

f:id:togari31:20190422232116j:plain

シートはファブリック仕上げになっていました。 

ハイブリッドMZグレードは表面に撥水加工がされています! 表面生地への染み込みも防げるので、急に雨が降り出した時でもそのまま乗りやすいのは便利ですね!

 

f:id:togari31:20190422232934j:plain

リクライングは手動式でした。

シートリフター付いていました! ココの上下調整でで色々な方の体格に合わせられるので嬉しい装備です!

 

f:id:togari31:20190422233352j:plain

 クロス ビー運転席ドア内側です。

上部のドアトリムは柔らかい仕上がりで触り心地も良かったです!

ココにもホワイトのパネルが良いアクセントになっています。

ドアの開閉角度を3段階で調節できる機能もついてます! クロスビーはスライドドアでは無いですが、狭い場所や子供さんが乗り降りするときは便利ですね!

 

f:id:togari31:20190422234429j:plain

クロス ビー運転席全景です。

エクステリアとは変わり、内装はツールボックス的なデザインですね!

ココで残念なトコロが! 

インパネに装着されているカラーパネルですが、

ボディーカラーが変わっても、ホワイトしか選べません!!

オプションで何色か違うカラーパネルが選べるみたいですが、ドアトリムと合わせると10万近くになり、かなり高額です。

ココは標準装備でボディー同色ににして欲しい!

エクステリアはいろんなカラーの選択肢が多いだけに残念な部分ですね。

 

f:id:togari31:20190422235351j:plain

クロス ビーステアリング詳細です。

本革巻き仕上げで質感は良かったんですが、握ってみると少し細目かなと思いました。

ステアリングスイッチ右側にはクルーズコントロールが付いてました!

最近はこのクラスでもついているんですね! 長距離ドライブがかなり楽になるのでうれしい装備ですね!

さらに見てみると、パドルシフト付いてます! クロス ビーのキャラクターからは予想出来なかったのでココのポイントは高いですね!

 

f:id:togari31:20190423000500j:plain

 

3.5インチのマルチインフォメーションディスプレイが搭載されています。

左側にタコメーター、中央にスピードメーター、右側に情報表示のシンプルな配置になっています。

試乗中に気になったのですが、スピードメーターが200kmまである為、目盛が小刻みになってしまい速度が少し見にくい印象でした。

 

f:id:togari31:20190423001521j:plain

https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/interior/

 今回は試乗車が2WDだったので確認できなかったですが、4WDを選ぶとメータリングの周りに演出があるみたいですね!こういう遊び心な演出は魅力的です

4WDだと、さらにドライブセレクトモードも装備されていて走りの面でも楽しめそうですね!

 

f:id:togari31:20190423002603j:plain

ステアリング横にはドリンクホルダーが装備されています

角型で紙パックの飲み物も入るそうです!

 

f:id:togari31:20190423002101j:plain

ナビゲーションは8インチのディーラーオプションナビが装備されていました。

インパネ埋め込み式のディーラーナビの設定は無いので、ココは好みのナビゲーションをチョイスできます。

ただ、オーディーオ装備が元から付いていません! ココは出費がかさむトコロです。

 

f:id:togari31:20190423001950j:plain

エアコンの操作パネルは工具の様なゴツめのデザインです!

よく使う風量と温度調節スイッチが大きめに配置されています。 指で押すように操作できて使いやすいですね!

 

f:id:togari31:20190423002258j:plain

運転席と助手席の間には段差がありました。

スライドウォークスルーってわけにはいかないみたいです。

いろんな箇所に収納スペースが多いですね!

 

f:id:togari31:20190423002521j:plain

運転席側にはアームレストの肘置きが付いていました! 最近はセンターコンソールと一体型のアームレストが多いですが、個人的には殿様気分になる肘置きタイプの高さが好きですww

 

f:id:togari31:20190423003121j:plain

 リアドア内側です。

質感も前席と同様の仕上げでしたが、下側にメッシュタイプのポケットがありました。

カタログで見るとココへサンダル等を収納出来るみたいです!

 

f:id:togari31:20190423003140j:plain

スズキ クロスビー後席です。

前席と同じくシートは撥水処理がされています!

子供さんが泥んこで乗っても、サッとお手入れしやすいママの味方ですね!

シートが前後スライド出来るので、足元空間はかなり広そうですね!

 

f:id:togari31:20190423003147j:plain

後席に実際に座ってみました。

172cmの僕が座っても、コブシ2個位かなり余裕があります!

上部空間も余裕があって大人でもゆったり座れました。

これ位余裕があると、チャイルドシートを設置しても隣でゆったり座れそうです!

画像を良くみるとシートに何かついてますが、

 

f:id:togari31:20190423003210j:plain

折りたたみ式テーブルが装備されていました‼︎
コレは便利ですね! 後席は左右に設置されています!

レジャー先での食事も出来るし、普段のちょっとした休憩にも使えそう!

耐荷重は2kgまでで、実際触ってみるとなかなか丈夫な造りでした!

 

スズキ・クロスビー試乗編

 

f:id:togari31:20190420005226j:plain

ディーラーを出て直ぐ国道を走ったのですが、まず感じたのは、

1.0Lとは思えない、低速域からなかなかスムーズな加速感でした!

今回の試乗車には、マイルドハイブリッドという機能が装備されています。

ハイブリッド=低燃費というメージが湧くと思うのですが、

スズキ・クロスビーの燃費は22.0km/Lとそれほど良くはありません。

今回のマイルドハイブリッドの仕組みは、

 

f:id:togari31:20190423233203j:plain

https://www.suzuki.co.jp/car/xbee/performance_eco/

エンジン内にモーター機能付発電機を内蔵している事により、

減速する際のエネルギーを発電して、そのまま充電を開始。

発進時にこのエネルギーを利用する事により、発進からも良い加速を味わえるようになっていました!

なかなかおもしろい仕組みになっていますね!

 

f:id:togari31:20190422234429j:plain

運転感覚も座席が高めなので前方が見やすいです。 特に感じたのは横のサイズ感でした。 

軽自動車よりは大きくて、かつコンパクトにまとまった絶妙なサイズ感を操るのは運転が面白いです!! 新しい感覚でした!

個人的にあえて言えば、ステアリングが若干細めで少し貧弱に感じました。 

色々な年代の方を想定されいるのだとおもいますが、クロスビーのキャラクターからするともう少し太めのステアリングがイイんじやないんでしょうか。

力強い加速は十分あるのでこのあたりはステアリングカバーでいくらか良くなると思います!

 

まとめ

f:id:togari31:20190420005152j:plain

今回のスズキ・クロスビーの感想としては、 

扱いやすいボディーサイズとボディーカラーを豊富に選択できるPOPなエクステリアは、このクラスでは存在感あり満足度も高いと思います!

一方で内装面は実用的な機能満載で、使い易さに徹底したコダワリが感じられました!

絶妙なボディーサイズで、クルマを操る感覚がとてもおもしろい1台なので、スズキ・クロスビーが気になる方は一度体感してみて下さい!

 

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは、複数業者からの営業電話や同時交渉など不安なイメージを持つ方も多いと思います。

そこで、面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

  • 一括査定では無い、5000社の中からクルマの買取オークション方式の新しい買取方法!
  • 買取業者の仲介をしてくれるので、しつこい営業電話は掛かってこない!
  • 車両情報のみの開示なので、買取業者に個人情報も流れない!
  • 査定は提携のGSか自宅での1回のみ! 約1時間で完了!

簡単・安心でクルマを高く売れるサービスになっています!

連絡は1社のみに絞られ、買取会社のうち1番高い金額をネット内で提示してくれるので、安心して交渉が進める事が出来ます!

自分のクルマの下取り価格を知っておくと、ディーラーでの商談時に必ず役立つと思います! 

クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用に充てる事ができると思います!

見積もりだけでも出来ますので参考にしてみて下さい!

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

今後も話題のクルマ、気になるクルマを実際に体感して、素人目線ではありますが魅力をお伝えできたらと思っています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!