やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

VOLVO 新型V60クロスカントリー試乗しました! エレガントかつ本格派のクロスオーバー!

f:id:togari31:20190502012119j:plain

こんにちは。 togariです!

VOLVO新型V60クロスカントリーに試乗してきました!

ワゴンスタイルでありながら、全体をリフトアップしたエクステリアは斬新です!!

SUVがトレンドになっている今1つの選択肢としてオススメ出来る1台だと思います!

VOLVO新型V60クロスカントリーが気になる方、検討されている方の参考になれば幸いです。

今回試乗させて頂いたのは、

ボルボ・カー広島大州さんです。

f:id:togari31:20190502224801j:plain

http://www.hiromaz.co.jp/dealer/volvocar_ohzu.html

ありがとうございました!

前回のXC40試乗から二回目の訪問になるのですが、

今回の大型連休中も、オーナーさんへの対応が出来る様に通常営業されていました!

オーナーさんにとっては嬉しい対応ですね!  クルマ好きの僕にとっても嬉しいww

f:id:togari31:20190502234305j:plain

ショールーム内にはいろんなVOLVOの車種が展示されており、室内でもクルマがゆっくり見ることができます。

お近くの方は是非!

VOLVOさんで頂くコーヒーがとても美味しいんです!

何種類か選べて、今回は 禅というアイスコーヒーをこれまた美味しく頂きました!

コーヒー好きの方にもオススメです!

スミマセンww 話がそれましたが、今回の試乗車両情報です!

f:id:togari31:20190504015145j:plain

VOLVO V60クロスカントリー T5 AWD Pro

ボディーカラー バーチライトメタリック

搭載エンジン  2.0L  直列4気筒ターボエンジン  

                                254PS 4WD  8速AT仕様

燃料      ハイオク

燃費      JC08モード 11.6km/L
車両寸法    
全長      4,785mm
全幅      1,895mm
全高      1,505mm
車両価格      ¥6,490,000-
乗車定員    5名

オプション            メタリック・ペイント ¥83,000-

        電動パノラマ・ガラス・サンルーフ ¥206,000-

VOLVO新型V60クロスカントリーのグレード展開は、

  • V60 クロスカントリー T5 AWD     ¥5,490,000-
  • V60 クロスカントリー T5 AWD Pro ¥6,490,000-

の2グレードの展開になっています。内装の加飾や快適装備の追加が上位グレードProとの差になっています。

搭載エンジンは2グレード共に同じハイスペックエンジンT5のみの展開です。

先に発売されたV60が2WDのみの2輪駆動方式に対し、

新型V60クロスカントリーはAWDのみの4輪駆動方式のみの展開になっています。 

 

VOLVO新型V60クロスカントリー  エクステリア

f:id:togari31:20190502225207j:plain

エクステリア1番の特徴は、フロントからサイドに回る樹脂性のオーバーフェンダーでしょう!

ステーションワゴンタイプながら、SUVの様な力強さが出ていてカッコいいです!

写真ではわかりにくいですが、今回新型V60クロスカントリーは、新型V60と比べて最低地上高を上げ、210mmとしています

数字上で210mmというとあまり変わりないように思うと思うんですが、

VOLVOのSUV XC40が最低地上高215mmなのでこの車種としては高いです。

実際に見てみるとリフトアップの効果で、

クルマに乗り込む際も楽に行え、

ラゲッジフロアが高い事で荷物の積み込みも楽に行えます!

デザイン性だけでなく実用的なクルマに仕上がっています!

それでいて全高は1,505mmに抑えられており、立体駐車場にも対応しています!

f:id:togari31:20190502232546j:plain

VOLVO 新型V60クロスカントリーフロントデザインです。

全幅は1,895mmもありワイドで迫力があります! 

全幅1,895mmというと、先日紹介した新型ラングラーと同じ幅になりますね!

 V60と比べても、クロスカントリー専用のフロントフェンダーが付く事でよりスポーティーな顔付きですネ!

 

f:id:togari31:20190502232602j:plain

デイライトはVOLVOお馴染みのトールハンマー型ヘッドライト!

街中でもすぐにわかるT字型のデザインはかなり目を引きますね!

f:id:togari31:20190502232625j:plain

ウインカーはデイライトと共通化しており、同じ部分がシームレスに点滅します。

カッコよく、視認性も高い実用性も備えたデザインです!

f:id:togari31:20190502232657j:plain

フロントグリル部は周囲にメッキ加飾が付き、V60とは違ったデザインになっています。

縦フィンタイプのV60に対し、V60クロスカントリーはブラック塗装されたスポーティーなデザインですね!

エンブレム下には駐車アシスト用のカメラが装備されています。

VOLVOの安全装備 インテリセーフは標準装備! 各メーカーの中でも安全装備・運転支援機能共にトップクラスの性能を備えています。

長くなりますので詳しくは省略させて頂きますが、今回新機能が追加されました。

対向車対応機能

f:id:togari31:20190505011734j:plain

https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/v60-cross-country/intellisafe

対向車線から自車車線へクルマが進入してきた際、衝突が回避出来ない判断されると自動的に被害軽減のブレーキが掛かるシステムです。

事故時の被害を軽減する先進的な安全装備なんですが、

こういった状況をメーカーが想定して、安全装備を追加する時代になってる現実もなんだか複雑な気持ちになりますね。

f:id:togari31:20190502012140j:plain

VOLVO新型V60クロスカントリーサイドビューです。

やはりタイヤ周りのオーバーフェンダーがアクセントになっており、アクティブなデザインを際立てています!

オーバーフェンダー部は無塗装樹脂仕上げで質感としては良くないですが、ココが付いている事でタイヤを大きく見せる効果もあり、個人的にはかなり好きなデザインです!

全長は4,785mmと長くサイドラインが伸びやかな印象ですね。全長がかなり長いので写真の撮影に苦労しましたww

f:id:togari31:20190503003739j:plain

VOLVO 新型V60クロスカントリー T5AWD Proのタイヤ・アルミホイールは、

  • タイヤサイズ 235/45R19 
  • ホイール   19インチ 5ダブルスポークダイヤモンドカット/マットグラファイトが標準装備されています。

流行りの切削形ホイールですが、実際に見るとカットの造形がとても立体的で カッコよかったです!

f:id:togari31:20190503005526j:plain

フロントボンネットにはグリル向かって左右に入るゆるやかなプレスラインが美しいです!

f:id:togari31:20190503005420j:plain

 サイドミラーは付け根が少し後方へ下がって配置されています。 この位置のおかげで試乗中も四角になりにくくなり運転しやすい配置です!

f:id:togari31:20190503005719j:plain

ルーフにはオプション装備のパノラマ・ガラス・サンルーフが装着されていました!

室内から見ると開口面積も広く解放感はバツグンです! 価格が¥206,000-と少し高価ですが、予算が許せばオススメの装備です!

f:id:togari31:20190503005604j:plain

サイドのプレスラインですが、ドア上部はなめらかでふっくらしたプレスラインに対して、ドア下部にはエッジが効いた鋭いプレスラインのデザインです!

サイド上下で全く違うプレスデザインを巧くまとめてあり、個人的には好きなポイントです!! 

f:id:togari31:20190504014521j:plain

リアに掛けては上部のプレスは鋭くなっており、秀逸な収まりです!!

f:id:togari31:20190504001141j:plain

この角度から見ると全体のリフトアップ感が伝わるでしょうか?

斜めからだと、フェンダーの膨らみも良くわかりますね!

 

f:id:togari31:20190503005747j:plain

VOLVO新型V60クロスカントリーリアデザインです。

サイドとは変わり直線的なボディーラインがカッコいい!マフラーも左右2本出しでスポーティーさが出ています!

いつも思うのですが、バックのVOLVO エンブレムの文字間隔が絶妙でとてもオシャレに見えてしまいますww

f:id:togari31:20190503005808j:plain

リアコンビネーションランプもサイドに周り込む形状になっており、先進的なデザインですね!

f:id:togari31:20190503005950j:plain

リアバンパー下部には、専用のクロスカントリーロゴが!!

こういう演出は、所有後眺めたくなるポイントですよねww

f:id:togari31:20190503010037j:plain

内部にマフラーを装備しており、きちんと機能しています! 

f:id:togari31:20190503010015j:plain

VOLVO新型V60クロスカントリー ラゲッジスペースです。

ラゲッジフロア高もリフトアップの効果で荷物が積み込みしやすい高さになっています!

ラゲッジ容量は529Lあり十分な積載量です!

f:id:togari31:20190503010106j:plain

ラゲージ下のスペースはスペアタイヤの収納部でわずかなら収納出来そうです。

f:id:togari31:20190503010129j:plain

VOLVO新型V60クロスカントリーのバックドアはパワーバックドアとキックオープン式の両方が装備されています! 
VOLVOのキックオープンドアはセンサーの範囲も広く、使いやすいと思います!

まとめ

f:id:togari31:20190504012448j:plain

VOLVO新型V60クロスオーバーのエクステリアの感想としては、

伝統的なVOLVOのデザインを現代風にアップデートしながら、

独自のクロスオーバースタイルで、他車には無い魅力を持つクルマに仕上がっています!

次回内装・試乗編をお伝えしようと思いますが、

良い意味で裏切られましたー!!

f:id:togari31:20190504013302j:plain

f:id:togari31:20190504013441j:plain

内装の造り込みはハンパ無かったですww

お楽しみに!!

 

f:id:togari31:20190502225207j:plain

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスって、複数業者からの営業電話や同時交渉など不安なイメージを持つ方も多いと思います。

そこで、面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

  • 一括査定では無い、5000社の中からクルマの買取オークション方式の新しい買取方法!
  • 買取業者の仲介をしてくれるので、しつこい営業電話は掛かってこない!
  • 車両情報のみの開示なので、買取業者に個人情報も流れない!
  • 査定は提携のGSか自宅での1回のみ! 約1時間で完了!

簡単・安心でクルマを高く売れるサービスになっています!

連絡は1社のみに絞られ、買取会社のうち1番高い金額をネット内で提示してくれるので、安心して交渉が進める事が出来ます!

自分のクルマの下取り価格を知っておくと、ディーラーでの商談時に必ず役立つと思います! 

クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用に充てる事ができると思います!

見積もりだけでも出来ますので参考にしてみて下さい!

 

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

 

今後も話題のクルマ、気になるクルマを実際に体感して、素人目線ではありますが魅力をお伝えできたらと思っています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!