やっぱりクルマが好き。

試乗を通じて クルマの魅力を楽しくお伝えします!

「内装はラグジュアリーサルーン!」メルセデス・AMG GT 63S 4MATIC+見てきました! 内装編

 

f:id:togari31:20191129001335j:plain

モンスター・メルセデスの内装はラグジュアリーなサルーンクーペでした!

こんんちは。togariです!

今回はメルセデス・AMG GT 63S 4ドアクーペの内装レビューを紹介します!

規格外のモンスタースペックを持つAMG 63S 4MATIC+のエクステリアレビューはこちらから!

 

www.togari31.com

 

AMG GTを実用的な4ドアクーペに仕上げたメルセデス・モンスターの内装の仕上がりは?
メルセデス AMG GT 63S 4MATIC+の魅力に迫ります!

 

ブログテーマ
当ブログでは、クルマを実際に見て感じた直感を大事にしたいと思っています。
クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします! 

  

 

イベント概要

 

今回伺ってきたのは、

 

f:id:togari31:20191127000425j:plain

山口モーターフェスティバル2019in周南という展示イベントです。

 

f:id:togari31:20191129231917j:plain

f:id:togari31:20191129231951j:plain

普段なかなか見る事が出来ない輸入車も多く展示されて、様々な年代の方がクルマを間近で楽しまれていました!

 

メルセデス・AMG GT 63S 4MAIC+内装レビュー

モデルスペック

メルセデス・AMG GT 63S 4MATIC+の車両スペックは、 

 

f:id:togari31:20191126235525j:plain

メルセデス AMG GT63S 4MATIC+

全長 5,050mm
全幅 1,955mm
全高 1,445mm
ホイールベース 2,950mm
車両重量 2,150kg
搭載エンジン 4.0LV型8気筒ツインターボ
最大出力/トルク 639ps/900N・m
駆動方式 4WD
使用燃料 ハイオク
燃費 WLTC市街地モード 5.4km/L
乗車定員 5名
車両本体価格 2,397万円

全長5mの巨大なボディーに、639ps/900Nというモンスタースペックのエンジンを積んだ4ドアクーペです!

車両価格は驚きのは2000万超え!

普段なかなか見掛ける事が出来ないメルセデスのハイパフォーマンスモデルです!

以前レビューさせて頂いたメルセデス・ベンツの試乗レビューはこちらから!

 

メルセデス・ベンツ カテゴリーの記事一覧 - やっぱりクルマが好き。

 

f:id:togari31:20191127223913j:plain

 今回も混雑した会場内でのレビューの為、途中お見苦しい点があるとは思いますが、どうかご了承下さい。 

それではメルセデスAMG GT 63S 4MATIC+の内装をチェック!

 

ドアを開けると。。。 

 

f:id:togari31:20191129001335j:plain

「飛び込んできたビビッド!色使いに目を奪われて質感がなんだか分からんw」

インパクトあり過ぎな第一印象でした!

オレンジに見える内装色は、レッドペッパーという内装カラー。

メルセデス最高峰の車両となると色使いの次元が違います!

AMG GTのトップグレードである63Sになると左ハンドルのみの展開。

GT43やGT53には右ハンドル仕様も選択出来るみたいですが、

このモンスターを乗りこなすには多少の不便さも気にしちゃダメなんですね!

 

作り込まれたフロントドア

 

f:id:togari31:20191128231340j:plain

ドア1枚からクルマに対する造り込みの高さが現れています!

ふんだんにマテリアルが投入されて隙が無い!

ウッドトリムの質感もかなり高いですが、サイドスピーカーパネルまでアルミ製になっているクルマは初めて見たかも!

ドアトリムにシート調整スイッチが配置されているのは従来のメルセデスの流れですね。

 

f:id:togari31:20191128231712j:plain

スイッチ周りの仕上がりも隙無し!

レザーの質感やステッチ・ウィンドウスイッチの仕上がりもラグジュアリーな印象でした。

 

f:id:togari31:20191130004824j:plain

小さいクルマ好きの方が座っていますが、足元空間はかなり広く感じました!

 

ナッパレザーAMGシート

 

f:id:togari31:20191128232837j:plain

シートもビビッドカラーのナッパレザー仕様!

ヘッドレストの刻印からAMGプレート加飾とメルセデスの中でもエクスクルーシブ仕様に差別化されています!

シートはかなり硬めですが、サポート性もかなり高め!!

 

f:id:togari31:20191129233844j:plain

https://www.netcarshow.com/

こちらはGT53Sのシートになりますが、 

ビビッドな色使いはクルマのスポーツシートというか宇宙船的なSF感もありますね!

 

ビビッドなのに重厚!運転席全景 

 

f:id:togari31:20191128233140j:plain

色使いと重厚感の融合です!

極端に違うスタイルを巧くまとめ上げて高級感を演出しているセンスはサスガです!

まさにラグジュアリーサルーン!

 

前方に広がるツインディスプレイ

 

f:id:togari31:20191129234345j:plain

https://www.netcarshow.com/ 

展示車では確認できなかったのですが、

12.3インチのツインコックピットディスプレイが装備されています!

2画面表示ですが、前方に広がるツインディスプレイは相当なインパクト!

ただ、インターフェースとしては、

COMANDシステムというメルセデス前型のインターフェースになります。

ハイ!メルセデスでおなじみのMBUXは搭載されていないようでした。

 

質感モンスター!AMG専用ステアリング

 

f:id:togari31:20191128233414j:plain

「このステアリングはメルセデス最強の仕上がり!」

AMGパフォーマンス・ステアリングという専用装備!

このステアリング!質感モンスターですw

ステリングスイッチは現行メルセデスのデザインを採用していますが、

その下の丸い物体にAMG GTらしいものを発見!

 

f:id:togari31:20191130000026j:plain

https://www.netcarshow.com/

 なんと!

ドライブセレクトスイッチになっています!

最高速300km/hオーバーのクルマは実用面も兼ね備え!

スイッチ内部にまで液晶画面を取り入れるコダワリようですww

 

f:id:togari31:20191128234036j:plain

極太な楕円径の形状もスポーティーですが、

握り部は驚きのアルカンターラ仕上げになっていました!

これを握って街を流すとどんな景色が見えるのか想像するだけで鼻血がw

 

インパネデザインはEクラスベース

 

f:id:togari31:20191128234304j:plain

水平調のダッシュボード周りは見た事があるデザインですね。

中央に並ぶジェッドタービンのモチーフは、EクラスやSクラスと同じデザインが採用されています。

調べてみると、

プラットフォーム自体はCLSやEクラスと同じものを流用しているみたいです。

 

f:id:togari31:20191128234541j:plain

メルセデス伝統の美しい木目のダッシュボードに目を奪われますが、

AMG専用デザインが入る事で印象が全く変わりますね!

変わります。。。

 

そうです!中央の巨大なセンターコンソールで!!

 

巨大なセンターコンソール!

 

f:id:togari31:20191128234738j:plain

「ここまでデカいと宇宙船クラス!」

スミマセンw

実際には搭載されていたV8エンジンをモチーフにしたデザインになっています!

まさにエンジンのようなセンターコンソールにもコスト掛かり過ぎなコダワリが!

 

f:id:togari31:20191130003239j:plain

https://www.netcarshow.com/

左右に配置された黒い物体は走行モードセレクトの物理スイッチになっています!

この小さなスイッチ類にまで液晶画面を取り入れるコダワリよう!

こりゃ参りましたww

 

サルーン仕様の後席

 

f:id:togari31:20191128235556j:plain

後席もシートの質感は下がらず、独立したシート配置でサルーンとしての居住性も確保されています!

 

f:id:togari31:20191130005507j:plain

https://www.netcarshow.com/

後席の画像上手く撮れていなく引用ですみませんが、

足元空間も広々した余裕です!

ハイパースペック機能を持ちながら、

後席ではゆったり寛げるラグジュアリーサルーンも兼ね備えるのがAMG GT 63Sの魅力!

 

f:id:togari31:20191128234541j:plain

AMG GT 63S 4MATIC+の内装は、

驚く程にコストを掛けたディテールへのコダワリとAMGブランドとしてのリアルスポーツへのコダワリが融合した、

究極のメルセデス・ラグジュアリーサルーンでした!

以上で内装レビュー完了です!

 

まとめ

 

f:id:togari31:20191126233002j:plain

f:id:togari31:20191127004646j:plain

今回の展示イベントで抜群の存在感を放っていたメルセデス・AMG GT 63S 4ドアクーペ。

子供から大人まで見ている皆さんが常に笑顔でクルマを楽しんでいる姿がとても印象的でした!

価格帯もかなりの高額になるので所有出来る方は限られてくる1台だとは思いますが、クルマに惹きつけられる魅力は世代を超えて共通しているなぁと改めて感じました。

自分にとっても良い刺激となりましたので、今後もクルマの魅力を自分で体感してお伝えしていきたいと思います!

気になってる方はお近くのメルセデスディーラーへ是非!

 

f:id:togari31:20191126232629j:plain

クルマの購入を検討中の方はクルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒って思っているアナタ!

面倒な手続きや買取交渉を代行して行ってくれる新しいサービスも登場しています!

 

POINT1
オークション式の自宅で行う新しい買取方式!
買取業者の仲介方式なので営業電話は掛からない!
 
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない!
査定は提携のGSか自宅での1回のみ!
 
クルマを少しでも高く売却してグレードアップやオプション装備の費用に当てちゃいましょう!
愛車の下取り金額を知っておくとディーラーとの交渉時の判断材料として必ず役に立つと思います!
 
入力は簡単30秒で完了です!
買取額の見積もりだけも可能ですので是非こちらから参考にしてみて下さい! 

 

 

次回の予告

 

次回魅力をお伝えするクルマは、

 

f:id:togari31:20191130014710j:plain

このイベント会場からもう1台レビュー!

北欧テイストがモダンに昇華されたサルーンセダンを紹介致します!

お楽しみに!

 

今後も気になるクルマ・話題のクルマを自分で体感して、楽しく読みやすいブログをお伝えしようと思っています!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!