やっぱりクルマが好き。

試乗を通じて クルマの魅力を楽しくお伝えします!

「ラグジュアリーなピュアスポーツ!」BMW Z4 sDrive 20i sport 試乗レビュー 前編

 f:id:togari31:20191121002850j:plain

ラグジュアリーなピュアスポーツで魅了するBMW Z4!

こんにちは。togariです!

1デイ3台試乗最後を飾るのは、風を感じながら駆け抜けるオープントップモデル!

BMW Z4の試乗レビューです!

今回は前編としてエクステリアを紹介致します!

 

www.togari31.com

先日BMW Z4と共同開発されたトヨタ GRスープラに試乗させて頂いていますので、

オッサンの記憶が鮮明なうちにBMW Z4との違いもお伝えしながらBMW Z4の魅力に迫ります!

 

ブログテーマ
当ブログでは、クルマを実際に見て感じた直感を大事にしたいと思っています。
クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします! 

 

 

お世話になったディーラーさん

今回試乗させて頂いたディーラーさんは、

 

www.togari31.com

以前BMW 320d XDriveの試乗をさせて頂いたディーラーさんです。

ありがとうございました!

ご紹介が出来ないのが残念なんですが、今回も快く試乗させて頂きました!

BWW Z4の魅力を伝えられるようしっかりレビューさせて頂きます!

 

それではBMW Z4 sDrive 20i Sportのエクステリアからチェック!

 

BMW Z4 sDrive 20i sport エクステリアレビュー

 

f:id:togari31:20191121230342j:plain

「出ましたー!!初めてのカブリオレ仕様!」

普段なかなかこういった車種のクルマと縁が無いのでテンションが上がりますw

古典的なピュアスポーツのスタイリングは安定のカッコよさ!

BMW Z4のグレード構成は、

BMW Z4 sDrive20i Standard 2.0L直列4気筒8速AT 577万
BMW Z4 sDrive20i Sport 2.0L直列4気筒8速AT 627万
BMW Z4 sDrive20i M Sport 2.0L直列4気筒8速AT 678万
BMW Z4 M40i 3.0L直列6気筒8速AT 851万

今回の試乗車は、
BMW Z4 sDrive 20i Sport

2.0L直列4気筒8速ATの2ドアクーペ

車両本体価格は627万円

Z4の中では中間グレードに当たるモデルです。

  

f:id:togari31:20191014232203j:plain

「GRスープラはバッドモービルを思わせるような個性の塊スタイリング!」

先日試乗させて頂いたトヨタ GRスープラは、

トヨタ  GRスープラ RZ

3.0L直列6気筒8速ATの2ドアクーペ

車両本体価格は690万円

スープラの中では最上位のグレードモデルでした。

GRスープラのグレード構成は、

GR SUPRA SZ 2.0L直列4気筒8速AT 490万
GR SUPRA SZ-R 2.0L直列4気筒8速AT 590万
GR SUPRA RZ 3.0L直列6気筒8速AT 690万

よく兄弟車と言われるZ4とスープラですが、価格帯はエントリーグレードから大きく価格差が付いています。

今回試乗したモデルは4気筒と6気筒モデルで搭載エンジンも違いますが、

価格帯でみるとBMW Z4の中間グレードとGR スープラの最上位グレードが近い価格になっています。

 

f:id:togari31:20191122005529j:plain

https://www.netcarshow.com/

ちなみにBMWZ4の最上位グレードは、

BMW Z4 M40i

車両本体価格851万円とかなり価格が跳ね上がっています!

総額を考えると恐ろしいw

 

キドニーはお好きですか?フロントビュー

 

f:id:togari31:20191121234029j:plain

フロントデザイン自体はスポーティーさを押し出したデザインに仕上がっていますが、やはり目を惹くのは中央に位置するキドニーグリルですね。

グリル同士はかろうじて分離してますが、かなり横に長いデザインです。

この仕上がりをトレンドのアグレッシブなデザインと取るか、やり過ぎと取るかは好みが分かれそうな所です。

 

f:id:togari31:20191122000007j:plain

最近話題のキドニーグリルはお好きですか?

個人的にはグリル自体がメッシュ型のクロム仕上げで周りのマテリアルとも調和した高い仕上がりに見えたので、

実車を見るとそこまで目に付くデザインでは無かったです。

 

f:id:togari31:20191122000322j:plain

Z4の特徴的なデザインはボンネットのプレスライン!!

羽根を広げた様な立体的なラインは空力性向上のデザインだと思われますが、

Z4の俊敏さを表現しているかようなニクイ演出!

自分でも思うんですが最近ボンネットばかり褒めてる気がするw

 

可愛いらしい印象も! ヘッドライトデザイン

 

f:id:togari31:20191122000306j:plain

LEDヘッドライトの形状は丸みを帯びて可愛らしい印象も受けます!

アイライン上の点灯する部分がデイタイムランニングライトです。

先進機能はアダプティブハイビームが装備されています!

ヘッドライト内部の造形は凝ったデザインで先進性もキープ!

ただし、

オプション価格¥25.6万円のイノベーション・パッケージを装備しないとアダプティブハイビームシステムは装備されてません。

メルセデス・ベンツもそうですが、輸入車の場合は安全支援装備がオプション扱いにななっている為、車両総額が一気に上がってしまうのがツライ所です。

ストレートなサイドビュー

 

f:id:togari31:20191122010920j:plain

「サイドデザインもストレートなスポーツクーペデザイン!」

ショートホイールベースと長いフロントオーバーハングが走りにどれだけ影響しくるのか楽しみな所!

Z4はルーフがソフトトップ仕様の所も特徴的ですね。

リアに向かって流れるプレスラインは歴代Z4の伝統が受け継がれています!

 

f:id:togari31:20191122235938j:plain

一方のGRスープラはワイドトレッドを強調したボディーラインが特徴的!

BMW Z4のほうがGRスープラより全長が45mm長い為オーバーハングの差がハッキリと現れています!

 

立体感あり!タイヤ/ホイール

 

f:id:togari31:20191122011115j:plain

BMW Z4 sDrive 20isportには

19インチVスポーク・スタイリング772 アロイ・ホイール・バイカラーが標準装備です!

実際に見た印象はスポークの立体感が目を惹きました!

 

f:id:togari31:20191120010144j:plain

お客さん!

このアングルでどうですかー!!

純正でこの仕上がりはカッコ良過ぎww

次回後編の試乗レビューでもお伝えしますが、

BMWのタイヤの接地感は他車よりもダイレクトに伝わりを感じられました!

 

大胆なデザインが好き!

 

f:id:togari31:20191122011550j:plain

やっぱこれ位大胆じゃないと!」

ダミーじゃなく機能性重視!

サイドに配置されたエア・ブリーザーと言われる大型ダクトはホイールハウスからエアを貫通させ空力抵抗を高めます!

潔く大胆なデザイン演出にリアルスポーツを感じます!

 

シンプルなリアビュー

 

f:id:togari31:20191122012015j:plain

リアデザインはライン取りを抑えたクーペらしいシンプルなデザインです!

 

f:id:togari31:20191122233912j:plain

薄型のリアテールランプやバンパー部のグロス塗装などスッキリしながら質感は高く仕上げられています!

マフラーは左右2本出しの大口径!

今回の4気筒エンジンもかなりイイ音出してました!

 

f:id:togari31:20191123002524j:plain

https://www.netcarshow.com/

撮影し忘れてしまい引用なんですが、ラゲッジスペースはこんな感じです。

BMW Z4のラゲッジ容量は281L。

ルーフを後方へ収納するデザインの為広いとは言えませんが収納するスペースは確保されています。

と、普段ならここでエクステリアレビュー完了の所ですが、

 

BMW Z4の魅力はココからです!!

 

ソフトトップ機構で未知なる世界へ!

お待たせしました!

Z4の魅力的なポイントであるソフトトップ機構!

 

f:id:togari31:20191123003332j:plain

開閉操作はセンターコンソールにあるクルママークのスイッチを押す事で自動的に開閉が始まります!

その所要時間僅か10秒!!

しかも時速50km/h以下なら運転中も開閉可能!

これホントに作動が速かったです!

今回は試乗時にオープンエアでドライブさせて頂きましたが、ビビッてしまい信号待ちで停車中にオープンしてしまいましたw

それでは未知なる世界へw

 

f:id:togari31:20191123004122j:plain

https://www.netcarshow.com/

ルーフの開閉動作はこんなギミックです!

その後ルーフが収納されると。。

 

 

 

 

f:id:togari31:20191121003004j:plain

「待ってましたー!!オープンエアの世界へようこそw」

BMW Z4の真の姿はこちらです!!

 

f:id:togari31:20191123005003j:plain

「シンプルだったリアビューはセクシーな印象へ変貌!」

ルーフのソフトトップもリア部で綺麗に収まってます!

 

f:id:togari31:20191123010023j:plain

少しだけ内装も!

BMWもこのクラスになると質感は不足ない仕上がりでした!

 

f:id:togari31:20191123010035j:plain

試乗車の内装色 コニャックというシートの質がメチャメチャ高かったです! 

この質感はスゴイ!!

内装を見て更に魅力的なクルマに感じます!

スポーツクーぺの機能性を兼ね備えながら質感高い内装を持つZ4!

 

BMW Z4はラグジュアリーなピュアスポーツです!

 

BMW Z4エクステリア360°View動画

 


BMW Z4 エクステリア360°View

今回もBMW Z4のエクステリア360°View動画を撮影してみました!

画像では出せない立体的な造形や質感が少しでも伝われば幸いです!

 

以上でBMW Z4エクステリアレビュー完了です!

 

まとめ

 

f:id:togari31:20191123010336j:plain

共同開発されたGR スープラと比べても、

BMW Z4は同じピュアスポーツモデルながら方向性の異なるモデルに仕上がっている印象でした!

やはりオープントップ仕様は魅力的なポイントです!

様々なクルマの中でも1度は所有してみたい気持ちになる魅力を持っていると思います。

当ブログではいつもお伝えしていますが、

 

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

 

BMW Z4の魅力を是非お近くのディーラーで体感してみて下さい!

 

f:id:togari31:20191121002850j:plain

クルマの購入を検討中の方はクルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは連絡や交渉が面倒って思っているアナタ!

面倒な手続きや買取交渉を代行して行ってくれる新しいサービスも登場しています!

 

POINT1
オークション式の自宅で行う新しい買取方式!
買取業者の仲介方式なので営業電話は掛からない!
 
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない!
査定は提携のGSか自宅での1回のみ!
 
クルマを少しでも高く売却してグレードアップやオプション装備の費用に当てちゃいましょう!
愛車の下取り金額を知っておくとディーラーとの交渉時の判断材料になるので必ず役に立つと思います!
 
入力は簡単30秒で完了です!
買取額の見積もりだけも可能ですので是非こちらから参考にしてみて下さい! 

 

 

次回の予告

 

次回魅力をお伝えするクルマは、

 

f:id:togari31:20191123010023j:plain

f:id:togari31:20191123015442j:plain

引き続きBMW Z4試乗レビューの後編です!

ハイテク装備を搭載した内装の紹介や、オープンエアを感じながら駆け抜けた試乗レビューをお届けします!

お楽しみに!

今後も気になるクルマ・話題のクルマを自分で体感して、楽しく読みやすいブログをお伝えしようと思っています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!