やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

「MAZDA CX-30先行展示イベント行って来ました!」シグネチャースタイル&XD L Pakage レビュー

 

f:id:togari31:20190923003317j:plain

2019年11月に発売予定のMAZDACX-30の先行展示イベントへ行って来ました!

絶妙なサイズ感と新世代マツダデザインのSUVが融合!

これは売れそうな予感がプンプンします!

今回展示してあったCX-30は、

  • 参考モデル 20S PROACTIVE シグネチャースタイル
  • 市販車モデル XD L Pakageモデル

こちらの2台のCX-30を見る事が出来ました!

マツダ新時代を告げるSUV CX-30の魅力に迫ります!

  
ブログテーマ
当ブログでは、クルマを実際に見て感じた直感を大事にしたいと思っています。
クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!
 

 

 

 

お世話になったディーラーさん

今回のマツダCX-30の先行展示イベントへ伺わせて頂いたのは、

 

広島マツダ 宇品本店さんです。

 

f:id:togari31:20190923003334j:plain

www.hiromaz.co.jp

ありがとうございました! 

フォロワーさんからの報告で、ディーラーの告知ツイートを知りました!

近県に住む僕としては今行かなければ!と思い立ちディーラーへGO!

こういったリアルタイムな情報はSNSがダントツに速いです!

情報提供して下さったフォロワーさんありがとうございました!

 今回のCX-30展示イベントは9/20~9/23までの間の期間限定開催で、

僕が伺った日も店内はかなりのお客さんで混雑されていました!

SNS告知を見ての来場した方が多数との事!

時代は変わるものですww

この記事がアップされている頃にはイベントは終了してしまっていますが、

近県の方!

まだ大丈夫です!

広島マツダさんの各店舗で引き続きCX-30の先行展示が行われるそうです!

すでに他の店舗にはソウルレッドのCX-30が展示されているとの情報も!

 お近くの方は是非チェックしてみて下さい!

 

www.hiromaz.co.jp

 

広島なんて遠すぎるわ!

と思われる全国の方!

今回のCX-30はマツダとしてもかなりプロモーションに力を入れているようで、

すでに全国各地で先行展示も始まっているみたいです!

気になる方は是非お近くのマツダディーラーへGO!

 

www.mazda.co.jp

それではCX-30のエクステリアから紹介します!

 

 CX-30 エクステリア レビュー

 CX-30 シグネチャースタイル

f:id:togari31:20190923003301j:plain

スゲーカッコいいじゃん! 

これがCX-30なのかー!!

正直な第一印象はこんな感想でした!

洗練されたエアロが装着されたエクステリアは流麗かつスポーティー!

MAZDA3から採用された新色のボディーカラー ポリメタルグレーのリフレクションの洗礼を受けますw

ボディーへの映り込みがハンパないです!

今回の展示車両は、

20S PROACTIVE Touring Selectionというグレードにシグネチャースタイル専用エアロを装着したモデルでした。

車両価格¥2,970,000-の車両に専用エアロパーツ(確かセット価格50万くらい)を装着したCX-30です。

営業の方の話では、

シグネイチャースタイルの発売は来年1月頃との事。

11月のCX-3発売より少し遅れそうです。

後程ノーマルタイプのCX-30の紹介もさせて頂きますが、

エアロパーツが有ると無いとではCX-30は印象が結構変わります。

フロントマスク 

f:id:togari31:20190923004023j:plain

なんとグリルの大きい事ww

マツダも最近はフロントグリルの大型化が進みます!

このフロントグリルの効果で実際に見ると低重心なワイドボディーに見えました!

 

f:id:togari31:20190615020125j:plain

f:id:togari31:20190615020121j:plain

こちらは今年6月に参加してきたマツダオープンデイ 2019で展示されていたCX-30のフロントバンパーの模型です。

プロトタイプがほぼこのまま採用されているのが分かります。

この時デザイナーさんの話では、

近年大型化するグリルデザインに対応するべく補強する技術に相当苦労されたと言われていました!

試行錯誤された大型グリルを採用する事によって迫力あるフロントフェイスが強調されています!

 最もシャープなヘッドライト

f:id:togari31:20190923004129j:plain

ヘッドライトのデザインは、現在ラインナップされているマツダ車の中でもかなりシャープな仕上がりです!

フロントグリルと繋がる形で伸びるアイラインが特徴的でカッコいい!

おぉっ!

フロントバンパーの上に鋭く光る部分が、

今回初採用のフロントウィンカーです!

これが見たかった!

魅力ポイント 余韻が残るウィンカー!

f:id:togari31:20190923163105j:plain

フロントアップを逆サイドから撮ってみました。

今回のウィンカー正式名称は、

ディミングターンシグナルだそうです。 

中年オヤジには分かりづらいなかなか凝ったネーミングw

まるで心臓の鼓動の様に点灯するギミックは今までにない発想です!

点灯の様子の動画を撮っていますのでどうぞ!

  

今までありそうでなかった、点灯のスピードを変えるという発想が新しいですね!

今後この方式がトレンドになったら街中ではみんな穏やかな気持ちになって安全運転しそうw

 

f:id:togari31:20190923023811j:plainフロントリップの仕上がりもご覧の質感の高さ!

オプション価格は少し高額ですが、予算が合えば是非とも付けたい装備ですね!

  

芸術的なサイドビュー!

f:id:togari31:20190923165628j:plain

CX-30のサイドビューは、

マツダ伝統の引き算デザインを更にブラッシュアップした芸術的な仕上がりです!

CX-30のボディーサイズは、

全長 4,395mm
全幅 1,795mm
全高 1,540mm
ホイールベース 2,655mm

数字上のサイズよりも、実際にはより伸びやかなボディーラインに感じます!

ホイールベースを長めに取っているのでスタイリングはモチロン、後席の居住性も確保されています!

全体的なフォルムは、CX-3よりもCX-5に近いサイドデザインだと思いました。

f:id:togari31:20190923222554j:plain

CX-5

f:id:togari31:20190923165610j:plain

CX-30

CX-5よりも更にフロントウィンドウを寝かせて流麗なルーフラインになってます!

CX-30のサイドデザインはボンネットの延長ラインを境に、

  • 上部は絞り込まれたスポーティーさ
  • 下部はSUVらしい力強さを強調
両者がぶつからないようバランスよく調和させているデザインが素晴らしい!

全高は1,540mmに抑えられているので、マンションや機械式パーキングに対応しているのがスゴイ!

日本の道路事情に対応しながらこれだけ流麗なスタイリングを表現されたらこりゃ売れるわー!

 

BBS鍛造ホイールとフェンダーアーチの関係

f:id:togari31:20190923003425j:plain

今回の展示車には18インチのBBS鍛造ホイールが装着されていました。

ポリメタルグレーとの相性もバッチリで決まってます!

この角度で見るとフロントのオーバーハングが抑えられているのが良く分かりますね!

 

f:id:togari31:20190923003408j:plain

発売前から話題になっている太目のフェンダーアーチモールですが、シグネチャースタイル装備だとブラックアウトされたホイールの効果もあって、そこまでは気にならなかったです。

 魅力ポイント シンクロするサイドターンランプ!

f:id:togari31:20190923030749j:plain

CX-30はサイドミラーに配置してあるウィンカーもコドウします!

 

これはスゴイですね!サイドターンランプにまでコドウする方式を採用しています!
実際見てみるとフロントウィンカーとシンクロする様に点灯します!

ここまでコダワルメーカーはなかなか無いですよ!!

f:id:togari31:20190923023539j:plain

リアのC-ピラー周りは樹脂仕上げでした。

市販モデルのPROACTIVEグレードだとピアノブラック仕上げになる様なので、

シグネチャーモデルの仕様になるかもしれません。

後席の窓はを上に流れるボディーラインを優先して小さくデザインされています。

 

f:id:togari31:20190923225644j:plain

ルーフに装着されていたブラックのルーフルーフレールはオプション装備みたいです。

上部にラインが入る事で結構良いアクセントになっていました!

リアビュー

f:id:togari31:20190923003620j:plain

ガラスハッチの傾斜から抑揚を付けるようにライン取りされたデザインが特徴的です!

 

f:id:togari31:20190923003605j:plain

CX-30のリアコンビランプは丸目1眼式でした。

マツダ新世代デザインのMAZDA3では丸目2眼式採用していたので、ここはSUVとのデザインの統一性をも持たせる方向になりそうです。

 

f:id:togari31:20190923031029j:plain

リアコンビランプもフロントの様にコドウな点灯をします!

その様子を動画でどうぞ!

 

リアウィンカーのほうがランプの面積が大きいので更に上品に点灯しますね!

比較あり!ラゲッジスペース

f:id:togari31:20190923023718j:plain

ラゲッジスペースは発売前から狭いような話題が出ていましたが、

こちらのディーラーさんが実寸された分かりやすい表を作られていたので引用させて頂きます!

 

車種 ラゲッジ寸法(奥行✕横幅)
MAZDA3 FastBack 840mmx1,010mm
CX-3 730mmx990mm
CX-30 810mmx1,000mm

CX-3よりは広いが、MAZADA3 FASTBACKより 僅かに狭いという結果でした!

結構以外な結果ww

 

f:id:togari31:20190923023733j:plain

実際に僕が見た感覚としては、

横幅は若干狭く感じましたが、高さがあるので同クラス並みといったところです!

 

CX-30内装レビュー

f:id:togari31:20190923233041j:plain

ここから内装の紹介に入りますが、

スミマセン!!

この頃にはディーラー内にかなりのお客さんがこられていて、写真を撮る事が難しい状況なってきました。

サクッとダイジェストな感じでお伝えします!

 

f:id:togari31:20190923025615j:plain

内装カラーはマツダ初採用のネイビーブルー!

かなりカッコ良いです!

選択可能なグレードは、

  • 20S
  • PROACTIVE
  • PROACTIVE Touring Selectinです!

 

f:id:togari31:20190923025643j:plain

オプション装備のイルミ付スカッフプレートと、スポーツペダルセットが装備されていました!

 

f:id:togari31:20190923025657j:plain

シートはファブリック仕様のスポーツシート。

シートにコダワルマツダの哲学は変わらず! サポート性は抜群です!

 

f:id:togari31:20190923025710j:plain

運転席下のスイッチパネルに今回から初採用になる、

オフロード・トラクション・アシストが配置されているはずですが、

今回の展示車はAWDなのスイッチは無し。

ここは確認出来ませんでした。

 

f:id:togari31:20190923030450j:plain

運転席全体のデザインは先に発売されたMAZDA3とほぼ変わりありません

ネイビーブルーの内装カラーかなり良かったです! 

やっぱり良い!オススメです!

 

f:id:togari31:20190923234922j:plain

ステアリングデザインもMAZDA3と同デザインと思います。

ここのスイッチの反力が最高! 

同クラスでは飛び抜けて質感が高いです!

 

f:id:togari31:20190924015230j:plainAピラーがスマートにデザインされているので前方右側視界も良いです!

 

f:id:togari31:20190923025729j:plain

シフト周りもMAZDA3と同様に装備・質感共に不足無し!

  • 電子式パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド
  • ダイヤル式コマンドコントロール
中間グレードでも快適性は問題ないです!

 

f:id:togari31:20190923030134j:plain

センターアームレストも大型タイプのスライド式になっています。

確かMAZDA3は中央にステッチが無かったと思います。

 

f:id:togari31:20190924002130j:plain

続いて後席!

画像だと分かりにくいのですが、リアの開口部を大きく取ってあるので、乗り込む際にあまり頭を下げずに乗り込めました!

 

f:id:togari31:20190923030152j:plain

後席は画像があと2枚しかありませんww

運転席を調整後座ってみたんですが、フロントシートのバックサポートがえぐれる形になっているので圧迫感を抑えた工夫がされていました。

 

f:id:togari31:20190923030428j:plain

CX-30は後席にもアームレストが装備! このクラスでの装備は嬉しい!!

シート下の足元空間がしっかり確保されているので大人が座っても余裕が十分ありました!

ちなみに後席の上部空間は、

車種 後席上部空間
MAZDA3 FastBack 100mm
CX-3 130mm
CX-30 150mm

ここはCX-30が1番余裕があります!

この頃にはディーラー内にお客さんがドンドン入って来ます。

もう終わりかと思ったその時、

「ディーラーの外にCX-30もう1台ありますよー。」

マジッすかー!!見たいです!

すぐさま外へと急ぎます!

 

市販車モデル  CX-30を見た!!

f:id:togari31:20190923012657j:plain

おぉー! もう1台あったー!!

こちらは、

CX-30 XD L Pakageの市販車モデルです!

まさか2台見る事が出来るとは思いませんでした!

ボディーカラーはデイープクリスタルブルーマイカ。

この色もリフレクションが美しくボディーを綺麗に見せます!

実際の売れ筋グレードはこのあたりでしょう!

 

f:id:togari31:20190924003520j:plain

隣に停めてあったアテンザワゴンと比べると大きさが分かりやすいかと思います。

全長は短いながら、ワイド&ローが協調されていると思います。

 

f:id:togari31:20190924004010j:plain

https://www.netcarshow.com/

同じスタイルを持つクルマとしては、

アウディーQ2が近いボディーサイズだと思います。

ショートボディーをワイド&ローというスタイルが似ているかなと思います。

 CX-30 XD L Pakage フロント

f:id:togari31:20190924004856j:plain

フロントマスクは下部の樹脂モールが大きく回り込んでいます。

フロントだけでもノーマル仕様はシグネチャーモデルと印象が違って見えます。

今回はエンジンも掛ける事が出来たので、ディーゼル音とコドウするウィンカーの様子を動画でどうぞ!

外で見るコドウウィンカーもカッコいいですね!

 

f:id:togari31:20190924010210j:plain

スモールライトを点灯するとこの様な感じでした!

CX-30 L Pakageホイール

f:id:togari31:20190924005457j:plain

タイヤはXDL Pakageだと18インチが装着されています。

ホイールデザインは今回専用デザインは無く、既存のマツダ車と同じ仕様になっていました。

 

CX-30 XD L Pakage サイドビュー

f:id:togari31:20190924010225j:plain

サイドビューは印象が結構変わります。

ノーマル仕様だと樹脂製のフェンダーアーチモールがより強調されています。

SUVらしい力強いイメージを感じました。 

フェンダーが大きいとタイヤを大きく見せる効果もあると思うので、ここは好みが分かれそうです。

CX-30 XD L Pakage リアビュー

f:id:togari31:20190924010409j:plain

リアバンパーまで1周する形で樹脂製モールが回っていました。

しかしボディーのリフレクションがスゴイです!

巧く撮影するのが難しいw

これから内装を見ようとした時、またもやアクシデント発生!

お客さんが続々と外へ流れてきました! 

やはりCX-30の注目振りはスゴイ!

今度は家族からもクレームがw

中でパシャパシャ撮って今度はいつまで撮るんじゃー!

今日は無理を言って来ているので何も言えません。

今回も内装は足早にお伝えします。

スミマセンww

CX-30 XD L Pakage 内装レビュー

f:id:togari31:20190924013027j:plain

内装色はリッチブラウンでした!

こちらも渋い色味で良かったです!

 

f:id:togari31:20190924014022j:plain

ウィンドウスイッチ周りはこの仕上がり!

市販車モデルでも質感は十分過ぎる位高いです!

 

f:id:togari31:20190924014059j:plain

運転席全景です。

シートはパフォーションレザーのピュアホワイトでした。

この色の組合わせもなかなかイイですね!

 

f:id:togari31:20190924014329j:plain

 8.8インチセンターディスプレイのTV画面。

ナビゲーションはSDが装着されていなかったので表示できなかったです。

MAZDA3と同じ仕様だと思います。

 

f:id:togari31:20190924014448j:plain

レザーシートの画像がこれしかありませんww

従来のマツダ車と同じく質感は高い仕上がりでした!

 

f:id:togari31:20190924014349j:plain

最後に後席!

172cmの僕が座っても膝前空間も十分に確保されていました!

 

f:id:togari31:20190924014618j:plain

 以上がCX-30のレビューです。

途中から説得不足があったとは思いますが、

気になる方や検討中の方へ何か参考になれば幸いです!

 

まとめ

f:id:togari31:20190923003317j:plain

今年後半の新型車注目の1台になっているMAZDA CX-30。

かなり良い仕上がりだと思います!

マツダのSU戦略最後の切り札としてかなり注目な1台です!

絶妙なサイジングとクラスとしては非常に高い質感で満足度・コスパ共に非常に高いクルマに仕上がっています!

既に予約注文も始まっているので、年内納車はギリギリになりそうな予感!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!!

お近くのディーラーでCX-30の魅力を体感してみて下さい!

 

f:id:togari31:20190924014618j:plain

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは結構面倒だしって思う方多いはず!

そんな面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

 

POINT1
オークション式の新しい買取方式。
買取業者の仲介方式なので営業電話は掛からない!
 
POINT2
車両情報のみの開示で買取業者へ個人情報は流れない。
査定は提携のGSか自宅での1回のみ!
 
クルマを少しでも高く売却してグレードアップやオプション装備の費用に当てちゃいましょう!
 
入力は簡単30秒で完了!
買取額の見積もりだけも出来ますので、こちらから是非参考にしてみて下さい!

 

 

 

次回のやっぱりクルマが好き。で紹介するのは、

 

f:id:togari31:20190924022047j:plain

駆け抜ける喜びを初めて体感しましたww

抜群のトルクとステアフィールが楽し過ぎるスポーツセダンの魅力に迫ります!

お楽しみに!

 

今後も気になるクルマ・話題のクルマを自分で体感して、魅力を楽しくお伝えしようと思っています!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!