やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

MAZDA3よ早く来い!マツダ アクセラスポーツ試乗しました!

 

f:id:togari31:20190307002002j:plain

こんにちは。 togariです。

Cセグ試乗第3弾! 今回はマツダ アクセラスポーツを試乗してきました!

アクセラスポーツが気になる方、検討中の方に参考になれば幸いです。

と、言いたい所ですが、

スミマセン! 

アクセラスポーツは新型MAZDA3へモデルチェンジの為、今年1月で販売が終了していまい、現在新車販売が終了している状態です。

そりゃそうですよね...

現在はディーラーへ在庫している新古車や中古車のみの販売になりますので、ご了承下さい。

今回伺ったディーラーには現行のアクセラスポーツが在庫してありましたので試乗させて頂きました。

試乗させて頂いたのは、

山口マツダ岩国店さんです。

https://www.yamaguchi-mazda.co.jp/

f:id:togari31:20190309000707j:plain

ありがとうございました!

新世代店舗になって綺麗な外観で一見敷居高そうな雰囲気ですが、(僕も最初そうでしたww)スタッフの皆さんはとても親切です!

試乗車も多数ありましたのでお近くの方は是非!

 

今回は既に公開されている時期アクセラ MAZDA3の画像と共に比較のような感じでお伝え出来たらと思います。

新型MAZDA3の新情報もちょっとお聞きできたのでお楽しみに!

 

今回試乗させて頂いたクルマは

マツダ アクセラスポーツ 15XD L Packageというグレードです。

ボディーカラーはスノーフレークホワイトフレークマイカ 

1.5Lディーゼルエンジンを搭載しています。

車両価格は¥2,689,200-です。

f:id:togari31:20190304234313j:plain

アクセラスポーツフロントです。

グリルはマツダ1世代前の横フィンデザインになっています。

マツダの他車種が世代を変えて今では古臭く見えるデザインかもしれませんが、アクが無いシンプルなデザインはなかなかカッコいいです!

ヘッドライト,フォグライト共にLED仕様になっています。

現在もCセグの他メーカーではハロゲン仕様のクルマもまだあるのでココは立派な装備ですね!

 

新型MAZDA3になると

f:id:togari31:20190304234051j:plain

https://www.netcarshow.com/

 マツダ新世代の大型グリルでフロントデザインの迫力が増しています!

ヘッドライトの形状も鋭くなってスポーティーさが出ていますね。上位車種のアテンザと変わらないような存在感!

重心も低くなり、ボンネットとフロントバンパー下のプレスラインが効いてますね!

f:id:togari31:20190305000444j:plain

アクセラスポーツサイドです。

ボンネットの先端から垂直に下がっているラインが秀逸! 

ココ個人的には好きな所です!

フロントウインドウを寝かせて後方へ傾斜をつけてあり、空力性を計算されているデザインですね。

良くみるとBピラーは無塗装なんですね。ちょっと意外でした。

ボディーカラーがホワイトなので解りずらいですが、改めて現行型を見るとサイドにもプレスラインが多数入って美しいですね!

MAZDA3になると

f:id:togari31:20190305000551j:plain

https://www.netcarshow.com/

ボンネットの先端から垂直に下がっているラインは変わらず秀逸! ココはアクセラのデザインを継承していますね。
ドアの形状やドアハンドルの位置なんかも現行に近いなと思いました。

一番はなんといってもリアライン!!

オシリがセクシー過ぎる!!ww

個人的にはココ最近では一番セクシーなクルマのリアデザインです!

 

f:id:togari31:20190305231836j:plain

https://www.netcarshow.com/

 いやぁー!国産車でこれだけ流麗なリアラインのクルマなかなか無いですよね!

 

f:id:togari31:20190305003407j:plain

アクセラスポーツ リアです。

リアライトはフロントヘッドライトと同じ丸の上に横ラインが入るデザインで統一されていますね。

写真では見えませんがマフラーは片側に一本出しの仕様でした!隠すデザインが多いなか、マツダのコダワリが見られるトコロですね!

MAZDA3では

f:id:togari31:20190305003619j:plain

www.netcarshow.com

リアから見てもサイドのボディーラインの張り出しがスゴイですね!

リアガラスもかなり傾斜がついていそう。バックカメラは必須でしょう。

マフラーは2本出しに増加! 

バンパー下はブラックアウトされてアクセントになり質感は上がってますね!

 

f:id:togari31:20190303233824j:plain

アクセラスポーツリアラゲージです。

ラゲージの容量は364Lです。 一般的なCセグの容量が確保されていますね。

目隠しのトノカバーも着いています。パワーバックドア等電動の設定は無い様です。

MAZDA3では

f:id:togari31:20190306232612j:plain

https://www.netcarshow.com/

リアウインドウハッチがかなり傾斜されたデザインになってますが、現行と同じ位の容量は確保されそうですね!深さもかなりありそうです。

バックドアも何かしらの電動装備がつくと良いですね!

f:id:togari31:20190305143613j:image

アクセラスポーツ運転席ドア内側です。

ドアトリムにはレザーやアルミのマテリアルが使用され質感は高いです!

ステッチもフェイクでは無く実際に縫製されたラインが入っています。

マツダはマテリアルの組み合わせ方がセンスいいですよね。

スイッチ周りの質感も高いです。

f:id:togari31:20190303233544j:plain

 MAZDA3では、

f:id:togari31:20190305233103j:plain

https://www.netcarshow.com/

遠目なので見づらいですが、今回も多くのマテリアルを使用してきて質感は高そうですね! ドアポケットは収納が大きくなってるように見えます。

f:id:togari31:20190303233558j:plain

アクセラスポーツ前席全景です。 

 Lパッケージというグレードなのでシートはパーフォレーションレザーという本革仕様です。 座ってみると少し硬めですが、良い座り心地でした!

サイドブレーキはレバー式ですが、2.2LディーゼルLパッケージのみ電動パーキング が装備されています。

中央のマツダコネクトのナビは7インチ。バランスからすると小さい印象ですが、

営業さんの話ではドライバーが運転に集中できるようマツダとしてはサイズにもこだわっているとの事でした。

運転メーター上にあるヘッズアップコックピットはパネルに投影するタイプのものですね。 現行のデミオと同じ仕様ですね。

 MAZDA3では、

f:id:togari31:20190305235444j:plain

 https://www.netcarshow.com/

 全体のデザインをかなりシャープにしてきましたね!

センターディスプレイは8.8インチのワイド画面!

地図の情報も見やすくなりそう!これは嬉しいトコロですね!

センターアームレストも大型になり肘を置きやすそうだし、電子パーキングやオートホールドも装備されそうで、現行型から大幅に質感アップしてますね!

改めて見ると運転席周りはレクサスUXに似てる気がしました。

 

f:id:togari31:20190303233605j:plain

アクセラスポーツステアリングです。

革の感触が良くてとても握り易いです。ステアリングヒーターも装備されているトコロは嬉しい!

ステアリングスイッチも左右対称になっていて運転中も直感的にブラインドで操作出来ました!

f:id:togari31:20190303233625j:plain

運転席メーターは中央リングにタコメーター、右下にデジタルで速度が表示されます。

左右の表示部でギヤポジションや燃費などの情報が表示されます。

 

 MAZDA3見てみましょう。

f:id:togari31:20190306002637j:plain

 https://www.netcarshow.com/

こりゃまた新たなステアリング意匠になってますね!

ステアリングスイッチは同じく左右対称の位置になってますが、素材が金属っぽく見えますね! 本物の金属だったらスゴイ! ドイツ車並みのクオリティーですね!

運転席メーターはベーシックな3連式になってます。 運転中直感的にはこの表示が解りやすいと思います。

中央情報表示のディスプレイはない為センターディスプレイで表示ができそうですね。

f:id:togari31:20190306004741j:plain

https://www.netcarshow.com/

f:id:togari31:20190306003610j:plain

アクセラスポーツシフト周りです。

シフトはストレート式のブーツカバータイプです。

最近この仕様のシフト多いですね。 僕のハリアーは昔ながらのガタガタいくタイプなので羨ましいですww

シフト下にはマツダコネクトの操作パネルがあります。ピアノブラックの加飾がされてあり、見栄えは良いですね。

MZADA3では、

f:id:togari31:20190306004234j:plain

https://www.netcarshow.com/

 画像はシフトがMTですが、CX-5やCX-8のような立派なデザインになってますね!

ダイヤルゲージも大型になり、決定等の操作パネルも押し易そうですね!

f:id:togari31:20190306004544j:plain

 アクセラスポーツ後席です。

後席の質感も前席より落ちる事無く上質です!

アクセラスポーツにも後席アームレストが装備されています。 今後Cセグには必須の装備になりそうですね。

MAZDA3です。

f:id:togari31:20190306005109j:plain

https://www.netcarshow.com/

中央席のヘッドレストを見ると、居住性がどうかが心配されていますが、画像で見る限りある程度の広さは確保されていそうですね。

アームレストは現行と変わらず装備されており、レザーの質感も高くなっていそうですね!

 

f:id:togari31:20190306005341j:image

アクセラスポーツ後席に座ってみました。

172cmの僕が座った際,コブシ1個分半位の余裕がありました。

シートの位置が低く、お尻の位置が下がっている感覚でした。

とても広々というわけには言えませんが、前席を重点にパッケージされているのだと思います。

 

f:id:togari31:20190306231536j:plain

試乗の感想です。

マツダ ディーゼルエンジンの静粛性は高いですね! 

クルマの外からはカラカラ音が聞こえますが、室内は防音がしっかりされてとても静かです!

f:id:togari31:20190306105221j:image

ステアリングはとても握り易く、キビキビ動いてくれるのでコーナーも安定して曲がれました。

ロールを抑えてくれるG-ベクタリングコントロールは市街地でも効果が解りますね!

気になったトコロでは、低速域からトルクは効いているので加速の不満は無かったんですが、

アクセルの踏み込みが重い気がしました。

機械制御されているような感覚に感じました。

今回の試乗車にはドライブセレクト機能は無く、ガソリン仕様にはあるみたいです。

今回は1.5Lのディーゼルエンジンだったので、2.0Lディーゼルだと印象が変わったかもしれません。

 

MAZDA3新情報!!

今回試乗のあとMAZDA3の情報を聞いてきました!

話題沸騰のMAZDA3月ですが、既に予約も始まっているみたいです!

MAZDA3のハッチバック、セダン共に価格、グレード決まってるみたいです!

簡易カタログのような冊子を見せて頂いたのですが、かなり詳しくなっていて、グレード毎の細かい装備も載っていました!

詳しくは言えないので是非お近くのマツダディーラーへ行ってみて下さい!

話題のスカイアクティブX搭載モデルも載ってましたヨ!

画像の中に一際目立ってたのが、

MAZDA3 ハッチバックの ジェットブラックマイカ がめちゃくちゃカッコいい!!

f:id:togari31:20190304235957j:plain

https://www.netcarshow.com/

公式ではソウルレッドクリスタルメタリックのイメージが強いですが、今回採用されているブラッククロムのホイールと抜群の相性で、かなりカッコ良かったです!

実車を見るのが楽しみですね!

既に注文予約の受付も始まってるみたいなので、MAZDA3気になる方は早めにマツダディーラーへ急がれて下さい!

 

まとめ

今回で3回に渡ってCセグのクルマを試乗させて頂いたのですが、どのクルマも個性があってとても面白かったです! 

普段SUVに乗っているので、車高が低くなるといつも走る街中も違った景色に見えて新鮮でした!

改めて最近のC-セグクラスは、デザイン・質感・走りどれを取ってもはかなり進化していますね! 見て下さる皆さんに少しでも何か参考になれば幸いですww

 

f:id:togari31:20190308003649j:plain

次回は去年話題を集めて一気に注目されたオシャレSUVを紹介しようと思います!

お楽しみに!

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは、複数業者からの営業電話や同時交渉など不安なイメージを持つ方も多いと思います。

そこで、面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

  • 一括査定では無い、5000社の中からクルマの買取オークション方式の新しい買取方法!
  • 買取業者の仲介をしてくれるので、しつこい営業電話は掛かってこない!
  • 車両情報のみの開示なので、買取業者に個人情報も流れない!
  • 査定は提携のGSか自宅での1回のみ! 約1時間で完了!

連絡は1社のみに絞られ、買取会社のうち1番高い金額をネット内で提示してくれるので、安心して交渉が進める事が出来ます!

自分のクルマの下取り価格を知っておくと、ディーラーでの商談時に必ず役立つと思います! 

クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用にあてちゃいましょう!

買取額の見積もりだけでも出来ますので、良かったら参考にしてみて下さい!

 

 

今後も話題のクルマ、気になるクルマを実際に体感して、素人目線ではありますが魅力をお伝えできたらと思っています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!