やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

【普段使いサイズ+ハイテク装備満載!】 メルセデス・ベンツ新型Bクラス見てきました! エクステリア・内装編


f:id:togari31:20190714191121j:plain

こんにちは。 togariです!

メルセデス・ベンツ新型Bクラス見てきました!

普段使いサイズ+最新ハイテク装備を満載したメルセデスの新たな提案!

今回は展示車両でエクステリア・内装の紹介をしたいと思います!

メルセデス・ベンツ新型Bクラスが気になる方・検討中の方に参考になれば幸いです。

新型Bクラスの受注状況

f:id:togari31:20190715095026j:plain

今年6月にフルモデルチェンジされたメルセデス・ベンツ新型Bクラスですが、

発売前の予約注文がかなりオーダーがあったようで、発売後はオーナーの方へ配車を優先されているそうです。

この影響で発売後も全国のメルセデス・ディーラーへの試乗車の配置が現在も遅れている状況になっています。

先に発売された新型Aクラスも大人気だったそうですが、新型Bクラスも実車を見る前に注文される方が多数いる模様!

最近のポップなイメージ戦略効果もあり、新規ユーザーからもメルセデスの注目度はかなり高いですね!

今回は試乗が出来なかった為、展示車でのエクステリア・内装の紹介記事になります。

ディーラー紹介 

f:id:togari31:20190715100921j:plain

今回伺わせて頂いたのは、

メルセデス・ベンツ 広島西さんです。

お店トップ - メルセデス・ベンツ広島西

ありがとうございました!

幹線道路沿いに面しているのでアクセス抜群の立地にある店舗です!

お近くの方は是非!

今回は急に思い立ちディーラーへ直接電話して来場したのですが、

一見客にも関わらずとても丁寧な対応をして頂きました! 

クルマは高い買い物なので、初回時の印象って車の善し悪しよりも大事な部分だと思います!

担当してくださった営業の方もとても気さくな方でアンケートを書いている内に話が脱線してしまい、なかなか名前が書けなかったですww

またよろしくお願いします!

展示車両情報

f:id:togari31:20190715103946j:plain 

メルセデス・ベンツB180

  • ボディーカラー ポーラーホワイト
  • 搭載エンジン  1.4L直列4気筒ガソリンターボ 7速AT
  • 燃料      ハイオク
  • 燃費      18.5km/L JC08モード
  • 車両寸法    
  • 全長      4,419mm
  • 全幅      1,796mm
  • 全高      1,562mm
  • 車両重量    1,405kg
  • 車両価格      ¥3,840,000-
  • 乗車定員    5名
  • オプション装備   
  • AMGライン                                    ¥255,000 
  • レーダーセーフティーパッケージ      ¥245,000-
  • ナビゲーションパッケージ                ¥184,000-

車両本体は400万を切る価格ですが、ナビや安全支援装備が全てオプション設定になっています。

メルセデス・ベンツ新型Bクラス エクステリア

スポーティーなフロントデザイン

f:id:togari31:20190715131401j:plain

メルセデス・ベンツ新型Bクラス フロントデザインです。

今回の展示車にはAMGラインというオプションが装備されており、エントリーグレードとはいえ、迫力がある仕上がりです!

ダイヤモンドグリルという立体的なグリルデザインが低重心のボンネットと強調されてスポーティーな印象!

それでいて全幅1800mmを切るサイズ感は街中での取り回しもかなり良さそう!

展示車仕様の

オプション価格¥255,000-AMGラインの装備内は、

  • スポーツコンフォートサスペンション
  • AMGスタイリングパッケージ【フロントスポイラー・サイド&リアスカート】
  • 18インチAMG5ツインツインスポークアルミホイール
  • メルセデス・ベンツロゴ付きブレーキキャリパー【フロント】
  • ステンレスアクセル&ブレーキペダル【ラバスタッド付】
  • ダイレクトステアリング
  • 本革巻きスポーツステアリング【ナッパーレザー・レッドステッチ入】
  • レザーDENAMICAシート【レッドステッチ入】
  • カーボン調インテリアトリム
  • マルチビームLEDヘッドライト
  • アダプティブハイビームアシスト・プラス

エクステリアだけで無く、内装仕上げやヘッドライトまでグレードアップする内容となっています。

オプション価格としては普通の車だとワングレード上がる程高額ですが、ここまで装備が充実していると予算が許せば是非付けたいオプション装備です!

 f:id:togari31:20190715132002j:plain

新型AクラスのAMGライン未装着車はこういったフロントデザインになります。 

デザインの好みはあるかと思いますが、少しシンプルな印象になりますね。

 新型Bクラス ヘッドライト

f:id:togari31:20190715161627j:plain

メルセデス・ベンツ新型Bクラスヘッドライト詳細です。

AMGライン装備になる、

  • マルチビームLEDヘッドライト
  • アダプティブハイビームアシスト・プラス

が搭載されたヘッドライトです。 ヘッドライトも3眼式の片側18個のLED仕様になっています。 高性能のアダプティブハイビームも搭載されているので装備面では充分ですね!

AMGラインタイヤ・ホイール

f:id:togari31:20190715161651j:plain

タイヤホイールはAMGライン装備の、

  • 18インチAMG5ツインツインスポークアルミホイール
  • メルセデス・ベンツロゴ付きブレーキキャリパー【フロント】

が装備されています。

他のメルセデスのAMGラインと同じホイールデザインになりますが、

Cセグクラスのエントリーグレードとはいえ、高い質感が保たれているのはスゴイ!

星型の5スポークのホイールデザインはすぐにメルセデスと分かる安定のカッコ良さです!

流麗なサイドビュー

f:id:togari31:20190715132134j:plain

メルセデス・ベンツ新型Bクラスサイドビューです。

リアに向かって流れるボディーライン処理がお見事! 車高を高くした事によるデザイン性が失われる事なく流麗なサイドビューです!

上下に挟み込む様に入るメルセデス伝統のプレスラインも良いアクセントになっています!

【比較】新型Aクラス サイドビュー

f:id:togari31:20190715091408j:plain

新型Aクラスのサイドビューは車高を抑えたハッチバックスタイルになっています。

比べて見ると、新型Bクラスよりボンネットが長くデザインされていたりと印象が大きく異なりますね。

個人的には最近のCセグクラスの中では新型Aクラスの走りが抜群に良かったです!

新型BクラスはAクラスよりも車高が上がる事で、居住性は上がった分どれだけ走りに影響が出ているのか気になる所ですね。

画像のタイヤはAMGライン未装着の17インチアルミホイールになります。 前回新型Aクラスを試乗した時は17インチアルミが段差の突き上げをフラットに抑えられて乗り心地が非常に良かったので、AMGライン18インチの乗り心地も気になるトコロです。

f:id:togari31:20190715161727j:plain

Bピラーから後方に向かって曲面的に流れるサイドラインの収まりが秀逸な仕上がりです!

粋な演出!ドアハンドルデザイン

f:id:togari31:20190715133329j:plain

ドアハンドルにも粋な演出が!

上部はクロームメッキ仕上げ、下部はボディー同色になっています! 

ありそうでなかった発想です!

実際に見てみると意外にカッコいいです。

ドアハンドルは必ず触るトコロなのでこういった演出は大歓迎ですww

新型Bクラス リアデザイン

f:id:togari31:20190715161744j:plain

メルセデス・ベンツ新型Bクラスリアデザインです。

低重心のフロントデザインとは対照的にリアはドッシリとした印象。

横長のLEDテールランプとバンパー下のクロームメッキトリムがアクセントになっています!

f:id:togari31:20190715161927j:plain

新型Aクラスと比較してみるとこちらはワイド感を強調した印象で、印象が大きく違います。

f:id:togari31:20190715161811j:plain

今回は展示車両の為点灯出来ませんでしたが、

リアLEDテールランプはコの字型に点灯します。

f:id:togari31:20190715161857j:plain

マフラー周りはクローム仕上げになっていましたが、中にマフラーは無くデザイン加飾の様でした。

新型Bクラス ラゲッジスペースf:id:togari31:20190715161911j:plain

https://www.netcarshow.com/ 

今回ラゲッジスペースの画像が消えてしまいました。 スミマセンww

後席使用時のラゲージ容量は455Lです!

これだけ入れば普段の買い物時や荷物を多く積み込む時にも重宝しそうですね!

新型Aクラスよりもラゲッジ床が低くて荷物が出しやすい感じを受けました。

ちなみに新型Aクラスのラゲッジ容量は370L。

この容量差は新型Bクラスの大きなポイントですね!

このサイズこその利便性!フットトランクオープナー

新型Bクラスには新型Aクラスに装備が無い新機能として、

f:id:togari31:20190715162046j:plain

新型Bクラス|会話がはずむ、メルセデス。|メルセデス・ベン

フットトランクオープナーが標準装備されています!

最近は国産車にも大型車等に採用が多い機能ですが、Cセグクラスでの採用は珍しいんじゃないでしょうか

実際に試してみたのですが、センサーの感度範囲も広く、反応も早いのでかなり便利に使えると思います!

両手が塞がっても足元のセンサーでバックドアを開閉出来る便利さは、

普段使いしやすいサイズ感を日常に生かせる新型Bクラスの大きな魅力です!

メルセデス・ベンツ新型Bクラス内装

f:id:togari31:20190715174835j:plain

運転席を開けてみると質感高い内装がお出迎え!

細かく紹介していきましょう。

運転席ドアトリム

f:id:togari31:20190715174855j:plain

メルセデス・ベンツ新型Bクラス運転席ドアトリム詳細です。

ドアだけ見ても質感が高い!!

ソフトパッドや金属仕上げ、レッドのステッチに至るまで隙が無い仕上がり!

AMGライン仕様のカーボンパネルがなかなか個性的なアクセントです!

Cセグクラスでもこれだけ造り込まれていると、所有後も満足度が高いですね

メルセデスの場合、パワーシートの位置調整をドアトリムにあるスイッチで調整する所が独特なデザインになっています。

f:id:togari31:20190715174914j:plain

ドアグリップはステンレスバーの様な仕様になっていました。

相変わらず個人的に好きなポイントは、ウインドウスイッチの感触です!!

メルセデスのクルマはスイッチのタッチ感がとてもイイんです! 是非体感してみて下さいw

今回も営業の方に聞いてみたんですが、スイッチを褒める人は初めてです。と言われてしまいましたww

ペダルレイアウト

f:id:togari31:20190715174933j:plain

メルセデス・ベンツ新型Bクラスのペダルは吊り下げ式になっていました。

AMGラインに装備されるアルミプレート仕様は嬉しいポイントです!

座った感覚ではレイアウトとして足が不自然になるような事は感覚は無かったです。

f:id:togari31:20190715174952j:plain

その上にはライトのスイッチが配置されています。

メルセデスのライトにはOFFモードというものが存在しません

ライトは基本AUTOモードで使用するというメルセデスの安全に対するコダワリが感じられるポイントです!

ホールド性の強いシート

f:id:togari31:20190715175024j:plain

メルセデス・ベンツ新型Bクラス フロントシートです。

AMGライン装備として、

  • レザーDENAMICAシート【レッドステッチ入】

が装備されています。 

シートの質感・ホールド性共に同クラスでは最高!

座り心地は少し固めなスポーツシートなんですが、体にフィットするので疲れにくい形状になっています。

f:id:togari31:20190715175243j:plain

電動ランバーサポートのみがシート下に配置されています。 こちらも細かな調整が出来るので腰痛持ちの方には喜ばれる機能です!

ハイテク感溢れるインパネ

f:id:togari31:20190715175259j:plain

メルセデス・ベンツ新型Bクラス運転席全景です。

やはり1番のポイントは、

運転メーターと一体化したディスプレイパネル!!

展示車両の為ディスプレイが消えていますが、

f:id:togari31:20190717001142j:image

このハイテク装備はカッコ良すぎ!!

画像は新型AクラスのAMGライン未装備のインパネなります。

10.25インチワイドディスプレイx2の先進性はメルセデスでしか味わえない未来の景色です!

更にHi!メルセデスでお馴染みの音声認識システムMBUXが装備!

f:id:togari31:20190718001156j:image

www.mercedes-b.jp

ハイテク感と実用性の両方を兼ね備えたインターフェイスは現時点では最強なんじゃないでしょうか!

以前新型Aクラス試乗の時に体感したのですが、

Hi メルセデス!と呼び掛けるだけで自動的にMBUXが起動し、

一般的な音声認識機能より遥かに自然な会話が出来ますので、初めての方でも戸惑う事無く使用出来ると思います!

 MBUXの実力を身をもって体感した記事はこちら!

www.togari31.com

いつも読んで下さる方にはしつこくてスミマセンww

なかなか忘れられないものでww

質感+実用的! ステアリング

f:id:togari31:20190717002608j:image

メルセデス・ベンツ新型Bクラスステアリング詳細です。

ステアリングにもAMGラインオプション装備の、

  • 本革巻きスポーツステアリング【ナッパーレザー・レッドステッチ入】

メルセデス上位クラスとも変わらない高い質感に仕上がっています!

ステアリングスイッチも左右対象に配置され、安全支援機能が手元で利用出来る利便性も大きなポイントです!

f:id:togari31:20190717105138j:image

ディスプレイの下にはジェットタービンをイメージしたエアコン吹き出し口が配置されています。 デザインの好みはありますが、フロントパネルはプラ剥き出しの箇所が殆ど無い程高い質感に仕上がっています!

f:id:togari31:20190717125314j:image 

吹き出しの下にはエアコン操作の為の物理スイッチが配置されていました。

全面ハイテク装備を搭載しながら普段使うスイッチを配置する配慮は良いポイントですね!

ドリンクホルダーは横置き配置になっているトコロも助手席側に配慮がされて好印象!

f:id:togari31:20190717002613j:plain

ドリンクホルダーにはホルダーシャッターも装備されています!

最近のクルマではコストカットの関係なのか付いていないクルマが多い気がしますが、使わない時にスマートに隠せる利点は高級車の証ですww

2通り操作が可能なインターフェイス
f:id:togari31:20190717120121j:image

メルセデスのクルマはシフトレバーがステアリングに装備されている為、センターコンソール部にタッチパッド式のインターフェイスが装備されています。 

中央のパッド部を指でなぞる様にセレクト操作やスワイプして使用出来ます。

パッドが大型で感度がとても早いので使い勝手は非常に良いです!

大型ディスプレイもタッチスクリーンになっており、使い方を自分で選べる所も良いポイントです!

f:id:togari31:20190717185905j:image

センターコンソールボックスは中央から観音開き式で開閉出来ます。
f:id:togari31:20190717185902j:image

内部は深さもあり、収納量も充分あります!

トレンドをいち早く導入するメルセデス

f:id:togari31:20190717125408j:image

ルームライトはLED仕様になっており、サングラスホルダーも装備でコストカットはされていません。

その下には他メーカーよりもいち早く導入されていた緊急通報システムが装備されています。

最近国産メーカーの導入が進んでますが、メルセデスはかなり早かったですよね。

この装備だったりサイドミラーのウィンカーだったり、現在はMBUXを発表したりと、

今後トレンドになる機能をいち早く導入して、他メーカーに影響を与え続けているトップランカーの姿勢は今後も気になるトコロですね!

助手席側仕上がり

f:id:togari31:20190717125430j:image

メルセデス・ベンツ新型Bクラスダッシュボードには、AMGライン装備の

  • カーボン調インテリアトリム

仕上げになっています。

f:id:togari31:20190717125432j:image

カーボンの質感も表面が綺麗なクリア仕上げになっており、Cセグクラスとは思えない質感です。
f:id:togari31:20190717125405j:image

グローブボックス内は起毛仕上げになっており、収納量も充分です!

メルセデス・ベンツ新型Bクラス後席

f:id:togari31:20190717134521j:image

メルセデス・ベンツ後席を見てみましょう。

後席にはドアシルプレートは装備されていなく、少し段差を越えて乗り込む形になります。

画像では見えにくいのですが、後席ドアの質感も前席同様高い仕上がりです!

後席の仕上がりも高し!

f:id:togari31:20190717125402j:image

後席シートの仕上がりも申し分無し!

太もも裏のサポートもあるのでホールド感も高いです!

f:id:togari31:20190717190029j:image

中央に段差がある為、ウォークスルーとまではいかないですが、大人4人がゆったりと座れるスペースは充分にあります!

後席はミニバン並みの余裕!
f:id:togari31:20190717190032j:image

メルセデス・ベンツ新型Bクラス 後席に実際座ってみました。

これはミニバン並みに余裕ある広さです!!

172cmの僕が座った時の膝前空間はコブシ2個分!!

ヘッドクリアランスも余裕があり、床高が低い為足元空間もスッキリしています!f:id:togari31:20190717190026j:image

後席ウインドウも大きく配置されて視界も良好です!

前席のシートバックが斜めにカットされており、圧迫を軽減するデザインになっている所も素晴らしい!

この装備でこれだけ広いパッケージだとライバル車種は相当な差をつけられていますね!

これなら手が届きそう!オプション半額キャンペーン!

f:id:togari31:20190715095026j:plain

今回の新型Bクラスかなり良い仕上がりですが、車両本体にオプションを装備すると最終的にかなり高額になってしまいます。 

新型Bクラスの車両本体価格

  • ¥3,840,000-

にオプション装備の

  • AMGライン                                    ¥255,000-
  • レーダーセーフティーパッケージ    ¥245,000-
  • ナビゲーションパッケージ               ¥184,000-

を装備すると総額で

  • ¥4,524,000-となり、

諸経費を考えると500万が見えてきますね。

やはり輸入車は高いのかーと嘆いていたアナタ!!

プレオーダーメルセデスというキャンペーンをご存知でしょうか!

www.mercedes-benz.jp

こちらのキャンペーンは、新型Bクラスを新車で購入する際にディーラーが提供するローンを組む事で、

オプション装備が全て半額になります!!

マジかー!!

これなら何とか手が届くかも! 

今回の展示車両を例にとってみると、

68万のオプション装備が半額の34万円に

これならもっとオプションを追加したくなりますね!

結果的に高額にならないよう付け過ぎには注意が必要ですがww

ただし、少し条件があって、

  • 実質年率金利1.90%のディーラー指定のクレジットを組む条件があります。

クレジットで毎月払うのはどうしても嫌な方は、金額の一部だけ組んでその後一括支払いしてもOKみたいです。

これは上手く利用するとかなりお得に購入出来そうですね!

今回のキャンペーンですが、新型Bクラスのカタログに記載はなく、ディーラーの営業の方に直接教えて頂きました! 

こういった情報が入るのも店舗ならではの特権だと思いますので、気になる方はお近くのメルセデスディーラーへ是非!

まとめ

f:id:togari31:20190715095026j:plain

今回のメルセデス・ベンツ新型Bクラスのエクステリア・内装の感想としては、

  • 普段使い抜群のサイズ感で先代よりカッコ良くなったエクステリアはメルセデスの新たなスタンダードになりそう!
  • MBUXという時代を先取りしたインターフェイスを搭載し、他社を一歩リードした質感高い内装は所有後満足度も高く評価出来る!
  • 走りの面は確認出来なかったですが、この仕上がりだと期待は大きい!

という感想でした。 試乗車が入ってきましたら引き続き報告したいと思います!

当ブログではいつもお伝えしているのですが、

クルマの魅力は自分で体感してはナンボ!!

だと思いますので、気になった方は是非お近くのディーラーで体感してみて下さい!

f:id:togari31:20190714191121j:plain

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは、複数業者との電話同時交渉など自分で動く事が多く結構面倒だなぁーって思う方多いと思います!

そこで面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

  • 一括査定では無い、オークション式の新しいクルマの買取方式!
  • 買取業者の仲介をしてくれるので、しつこい営業電話は掛かってこない!
  • 車両情報のみの開示なので、買取業者に個人情報も流れない!
  • 査定は提携のGSか自宅での1回のみ! 約1時間で完了!

連絡は1社のみに絞られて取会社のうち1番高い金額を、仲介会社がネット内で提示してくれるので、安心して交渉が進める事が出来ます!

自分のクルマの下取り価格を知っておくと、ディーラーでの商談時に必ず役に立つと思います! 

少し前になりますが僕の前車7年落ちのハリアーが、

ディーラー下取り価格75万円のところ、買取業者価格130万円という驚愕の結果でした!!

クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用に当てちゃいましょう!

買取額の見積もりだけでも出来ますので、是非参考にしてみて下さい!

 

 

次回のやっぱりクルマが好き。でご紹介するクルマは、

f:id:togari31:20190718015102j:image

ディーゼルの概念変わる!

抜群のトルクと高い安全性能を誇る北欧のミドルSUVをご紹介します!

このクルマも凄かった!!

良かったらまた見て下さい。

今後も話題のクルマ・気になるクルマを実際に体感して素人目線ではありますが魅力をお伝えできたらと思っています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!