やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

【時代はエコからエレガントへ】ホンダ インサイト試乗しました! 内装・試乗編

 

f:id:togari31:20190806010420j:plain

こんにちは。 togariです!

ホンダ インサイト試乗しました!

エコカーとしての役目を卒業してエレガントなクルマに生まれ変わったホンダ インサイトは素敵!

今回はホンダ インサイトEX BLACK STYLEの内装・試乗編をお伝えしたいと思います。

国産車離れしたスタイリングで街中を魅了しているエクステリアの紹介記事はこちらから!

www.togari31.com

ホンダインサイトが気になる方・検討中の方の参考になれば幸いです。

ディーラー紹介

前回に続き試乗させて頂いたのは、

ホンダカーズ 岩国さんです。

f:id:togari31:20190729231630j:plain

http://www.hondacars-iwakuni.com/

ありがとうございました!

f:id:togari31:20190802000722j:plain

こちらのディーラーさんは月に一度おもてなしイベントと題して地元のスイーツを用意されたり、女性でも気軽に立ち寄れるお店造りを目指されています!

www.hondacars-iwakuni.com

 

スタッフさんによるお店のブログも随時更新されて最新の情報を発信されていますので、お近くの方は是非!

試乗車両情報

今回試乗車両情報です。

f:id:togari31:20190729003547j:plain

ホンダ インサイト EX・BLACK STYLE

ボディーカラー  クリスタルブラック・パール
搭載エンジン 1.5L水冷直列4気筒DOHC ハイブリッド
使用燃料 レギュラーガソリン
燃費 JC08モード 31.4km/L・WLTCモード 25.6km/L
全長 4,675mm
全幅 1,820mm
全高 1,410mm
車両重量 1,390kg
車両価格 ¥3,628,800-

ホンダ インサイトは2モーターを使用するハイブリッドシステム 

SPORT HYBRID i-MMDをする搭載したハイブリッド専用セダンです。

グレードは3グレードの展開で、

ベースグレード LX ¥3,261,600-
中間グレード EX ¥3,499,200-
上級グレード EX・BLACK STYLE ¥3,628,800-

今回の試乗車は上級グレードにあたるEX・BLACK STYLEになります。

ベースグレードからでも車両価格が326万円からと同クラスと比較しても高めの価格設定ですが、

安全運転支援機能 ホンダ センシングは全グレード標準装備されています!

衝突軽減ブレーキ CMBS ディスプレイ警告+緊急時は自動ブレーキ作動
誤発進抑制機能 アクセル踏み間違えの際、警告+発進防止
歩行者事故軽減ステアリング 歩行者との衝突の際、ステアリング操作による回避解除
路外逸脱抑制機能 車線脱線時のステアリング警告とステアリング制御
アダプティブ・クルーズ・コントロール 渋滞追従機能
LKAS (車線維持支援システム) 高速走行時におけるステアリング操作アシスト
先行車発進お知らせ機能 前車発進を音とディスプレイでお知らせ
標識認識機能 走行中、制限速度をマルチインフォディスプレイ内に表示
後方誤発進抑制機能 後方の障害物を感知して急な後退を防止
オートマチックハイビーム 対向車を検知してハイ/ロービームを自動で切り替え
ポップアップフードシステム 衝撃を感知するとボンネットフードの後方を持ち上げ衝撃を軽減
ブラインドスポットインフォメーション 走行中斜め後ろの車両の存在を検知後、マーク点灯と警告でお知らせ(EX・EX BLACK SYLEのみ設定)

安全装備がベースグレードからでも充実している点を考慮するとお買い得感があるかと思います。

残念なのはヘッドライトがオートマチックハイビーム仕様の点。

他メーカーが積極的に取り入れている、

アダプティブハイビームがオプション設定でも装備出来れば商品力はもっと高くなりそうです。

ここは次期マイナーチェンジに期待したい!

ホンダ インサイト EX BLACK ATYLEの内装専用装備としては、

  • スエード調ソフトパッド&ブラック加飾
  • コンビシート(本革xウルトラスエード)
  • ブラックルーフライニング
天井仕上げ材までこだわってブラック基調でコーディネートされています!

それでは内装のレビューに移ります。

ホンダ インサイト内装

f:id:togari31:20190802123539j:image

ホンダ インサイトの内装の第一印象は、

以外にスポーテイーな仕上がりだなという印象を受けました。

シビックハッチバックに似たデザインですね。

f:id:togari31:20190803002528j:plain

こちらがシビックハッチバックの運転席。 

幾つか共通されている部分もあります。

ホンダ インサイトフロントドア

f:id:togari31:20190802011855j:plain

ホンダ インサイトEX・BLACK STYLEフロントドアです。

ブラック仕様のグレードなので内装色は全てブラックになっています。

インナードアハンドルまでブラック・クローム仕上げになっているコダワリはスゴイ!

f:id:togari31:20190802012123j:plain

ドアトリムは本革xウルトラスェードを使用しています。

ウルトラスェードの質感は肌触りも良く縫製もしっかりしていてまるでヨーロッパ車の様な質感!

普段から目に入って、触れる所の質感は重要です!

f:id:togari31:20190802012139j:plain

少し気になったのがウィンドウスイッチ周りです。

カバー全体でハードプラ仕上げになっており、質感としては少し寂しいですね。

価格帯からすると上級グレードでも仕上げは同等なのでもう少し差別化があっても良いかと思います。

ホンダ インサイトフロントシート

f:id:togari31:20190802012205j:plain

ホンダ インサイトEX・BLACK STYLEフロンシートです。

シート仕上げも本革xウルトラスェードのコンビシートになっています。

シートデザインはスポーツシートでサポート部もしっかり張り出しがあるので座り心地は良好でした!

ウルトラスェードの感触は座ると良さがより実感できて個人的には好印象! 

高級感を出すには本革シートが1番ダイレクトですが、スェード素材の滑りにくさや心地よい着座感は実用面もあり新鮮な提案ですね。

f:id:togari31:20190802012222j:plainEX・EX BLACK STYLEグレードには、

  • 運転席8WAYパワーシート
  • 助手席4WAYパワーシート

ランバーサポート機能やシートメモリー機能は装備がありません。

一般的なクラスからすると標準的な装備内容ですが、最近のマツダなど国産メーカーも装備を強化してきているので検討中の方はココは以外な盲点かもしれません。 

f:id:togari31:20190802123557j:image

ペダルは吊り下げ式を採用しています。

ペダルレイアウトは一般的な感覚で運転に支障は無い配置でした。 

f:id:togari31:20190802012236j:plain

ステアリング右下にエンジンスタートスイッチが配置されています。

ハイブリッド車は左側って勝手なイメージがついてしまいよく探してしまうので、安心の右側配置は嬉しいですw

ホンダ インサイト運転席全景

f:id:togari31:20190802012257j:plain

運転席全景はスポーティーな印象。

内装はシビックのデザインを基にアレンジされていますね。

スェードの使い方なんかはとても良いんですが、 エレガントなエクステリアの印象とは少しギャップを感じてしまいました。

少し辛口になりますがホンダは内装の高級感の演出の仕方を頑張って欲しいところ。

細かく見てみましょう。

ステアリングは太目

f:id:togari31:20190803012703j:plain

ホンダ インサイトEX・BLACK STYLEステアリング詳細です。

仕上げはスムースレザーの本革巻き仕様で各グレード共通です。

握ってみるとステアリング径は太目でした。

f:id:togari31:20190803012721j:plain

男性だとがっちりとした感触なのでそこまで違和感は無いですが、女性が握る際は太く感じるかもしれません。

営業の方の話ではインサイトの購入ユーザーの中には奥様が普段の街乗り用として乗られる方もいらっしゃるそうです。

f:id:togari31:20190803014116j:plain

ステアリングスイッチは左右対称に配置されています。

中央にあるダイヤルとピアノブラックのパネルで上下左右の操作が行えるのですが、

ダイヤル回転のタッチ感が良くて操作性が高いです。慣れてくるとブラインド操作でスラスラと使えそう! 

ここの操作性は普段良く使う機能なので所有後も満足出来るポイントです!

なるほど!減速セレクター

f:id:togari31:20190803015141j:plain

ウィンカー前のパドルシフトの様に見えるレバーですが、

減速セレクターという機能が搭載されています。

この機能はシフトを上げる事は出来ず、エンジンブレーキを使用する際の減速の度合いを3段階に切り替えが出来る機能です。

自分で書いてもイマイチよく分かりづらいんですがw

調べてみるとこの機能を使う事により、

ストップランプを点灯する事無く減速出来る為、後続車が反射的にブレーキを踏む事を防止出来るみたいです!

なるほどww

ベーシックなマルチインフォディスプレイ

f:id:togari31:20190803014925j:plain

ホンダ インサイト運転席ディスプレイはベーシックな2連式です。

最近はフルデジタル液晶ディスプレイが主流になってきていますが、シンプルな2連タイプは視認性も高くて使いやすいですね。

f:id:togari31:20190804001042j:plain

運転席ディスプレイですが、

左側パワーメーターと中央のインフォメーション画面が液晶式、

スピードメーターがアナログ式という合わさったデザインになっています。

f:id:togari31:20190804000711j:plain

運転席ディスプレイ左メーター部では安全運転支援機能の表示が出来たり、

f:id:togari31:20190804000633j:plain

ドライバー注意力モニターという、

走行時のステアリリング操作からドライバーの状態を検知し、警告音や振動で注意喚起する機能も備わっています。

個性的なインパネ周り

f:id:togari31:20190804001535j:plain

中央のインパネ周りは個性的な配置とデザインになっています。何と言ってもシフトに目がいきますが、順に紹介します!

ナビは標準装備

f:id:togari31:20190804001816j:plain

ホンダ インサイトはナビゲーションは標準装備です!

Honda インター・ナビというメーカーオプションで20万クラスのナビゲーションが車両価格に含まれています!

ここは嬉しいトコロ!

いざ見積もってみて予算を削る材料になりがちなナビですがインサイトは心配いりません!

ナビゲーションの性自体画面は8インチではありますが、画質も綺麗でインパネにフィットしている点も良いです!

f:id:togari31:20190804003210j:plain

ナビゲーション下部には左右独立のフルオートエアコンが配置されています。最近は国産車でも左右独立エアコンが主流になってますね。大型の操作ダイヤルで調節もダイレクトに行えるので実用的なデザインです。

快適装備としては、運転席・助手席にシートヒーターが全グレード標準装備です。

夏場に重宝するシートベンチレーション機能の設定はありませんでした。

未来的デザイン? ボタン式 シフトセレクト

f:id:togari31:20190804010050j:plain

ホンダ インサイトのシフトセレクトはボタン式です。

ハイブリッド車としての設計なのかもしれまんが、レバーが無いってなかなか斬新!

一度ドライブ押しちゃえば運転中は変える事無いので余り気にならないとは思いますがw

押し間違えを防止する為に各レンジのボタン形状を変える工夫がされています。

電子パーキングブレーキとブレーキオートホールドも装備されています。

この装備、国産メーカーではホンダの導入は速かったですよね!

5年前ヴェゼルの発売時からの実績なので、国産メーカーまで広げたホンダの功績は素晴らしいと思います。

ホンダのコダワリ! シフト取り付け位置

f:id:togari31:20190804011043j:plain

ホンダ車に乗っていつもいいな!と思うのが、

シフトの取り付け位置です。

運転席から操作する際に通常のシフト位置より高めに配置されてるところがスキ!

斜め位置で左手でスッとに届きやすい配置が絶妙なんです!

営業さんの話ではこの位置にバッテリーを搭載しているのでこういった位置になるそうですが、ドライビングに重点を置いたホンダのコダワリポイントだと思います!

だた、今回のインサイトの場合はセンターアームレストが低くて、ベストなポジションが取れなかったのが非常に残念でした!

ウルトラスエードが美しい助手席

f:id:togari31:20190804012937j:plain

助手席側はスエードの質感が一際目立つ印象です。

ココの仕上がりはとても良いです!

EX BLACK STYLEの内装色ブラックとも相性が良く輸入車のスポーツグレードのような雰囲気が出てますね!

f:id:togari31:20190804013036j:plain

 グローブボックス内は起毛仕上げでは無く、収納量もクラス相応レベルですね。

インサイト リモートキー

f:id:togari31:20190804013302j:plain

ホンダ インサイトのキーデザインはブルーのパネルが特徴的なデザインです。

センターコンソール

f:id:togari31:20190804233352j:plain

ホンダ インサイトのセンターコンソールはスライド式になっています。

肘置き部分を後方へスライドする事で縦に2個置ける様な構造になっています。

ここのデザインはシビックハッチバックと同じですね。

f:id:togari31:20190804233438j:plain

肘置き部を持ち上げると深型の収納スペースが装備されています。

f:id:togari31:20190804235601j:plain

ルームライトはLED仕様で防眩ルームミラーが装備されています。

このあたりはコストをきちんと掛けられているので良いポイントです!

ホンダ インサイト EX BLACK STYLE 後席

f:id:togari31:20190805000654j:plain

ホンダ インサイト EX BLACK STYLEの後席ドアも前席同様オールブラック仕上げです!

f:id:togari31:20190805000713j:plain

後席シートも本革xウルトラスェード仕様で座り心地が良いです。

後席のシート高が少し高めに設定されていて前方の視界も良好でした!!

f:id:togari31:20190805000728j:plain

後席アームレストも装備されています。収納も無く、質感も高いとは言えませんが、後席に後席に座る方にはあると嬉しい装備ですね!

f:id:togari31:20190805000747j:plain

後席に実際に座ってみました。

172cmの僕が座っても膝前空間も余裕があり窮屈な印象は無かったです。

f:id:togari31:20190805000816j:plain

エアコン吹き出し口も装備されています。コストカットされていなく好印象!

f:id:togari31:20190805000835j:plain

後席のガラス面積も広い為暗くなる事はありません。

セダンの後席の横からの視界って独特な見え方で個人的に好きですww

ホンダ インサイト  EX BLACK STYLE試乗

f:id:togari31:20190802012236j:plain

エンジン起動スイッチを押すとマルチインフォディスプレイが作動します。

この演出がホンダらしくてカッコいい!

いつもの超短編動画でどうぞ。

指針の残像が残る演出がレーシーでGood!

モータースポーツの概念を細かに取り入れるトコロがホンダらしい!

 ホンダ ハイブリッドの実力

f:id:togari31:20190803012703j:plain

ステアリングを握り走り出した第1印象は、

おっ!ハイブリッド感が薄い!!

出足からアクセルへダイレクトに伝わるガソリンエンジンの様な加速感でした!

ハイブリッドエンジンにある踏み込み後の遅れが少ない印象!

搭載されているエンジン i-MMDが良い仕事してます!

i-MMDエンジンでは

  • EVドライブモード
  • ハイブリッドドライブモード
  • エンジンドライブモード
3モードをシーンに応じて自動的に使い分けるエンジンシステムになっています。

f:id:togari31:20190805233804j:plain

https://www.honda.co.jp

街中を前車に付いて流す分にはバッテリー走行で十分走れるので静粛性も高くエレガントな走りが楽しめます!

この状態はEVドライブモードで走行。

低速からの立ち上がりも走行用モーターがアシストしてくれるのでパワー不足は感じません。

f:id:togari31:20190730005706j:plain

アクセルを少し踏み込むと室内に多少エンジン音は入ってきますが、滑らかでジェントルに加速していきます!

f:id:togari31:20190805235105j:plain

https://www.honda.co.jp

 この状態ではハイブリッドドライブモードに変わり、エンジンからの発電用モーターとバッテリーの走行用モーター両方でアシストする形へ変わります。

文章で書くと難しそうですが、運転中アクセル開度で自動的にドライブモードが切り替わるので実にスムーズ。

ハイブリッドエンジンと思わせないドライブフィールはセダンとの相性も抜群です!

同プラットフォームによる乗り味の違い

f:id:togari31:20190729010526j:plain

ホンダ インサイトのプラットフォームはシビックと同じシャシーを採用していますが、

乗り味は異なります。

出だしの軽快感はシビックのほうが優れていますが、ハイブリッドエンジンの師恩もありインサイトのほうが遮音性能が高いですね。

試乗時も雨が降っていましたが、外部からの音がカットされ静粛性は非常に高い!

車体に合ったインチサイズ

f:id:togari31:20190729010831j:plain

ホンダ インサイト EX BLACK STYLEのタイヤ・ホイールは17インチが標準です。

段差の突き上げ感も抑えられて不快な振動は伝わりません。

最近はこのクラスでも18インチが当たり前になっていますが、改めて車体に合ったインチサイズの重要性を感じました。

ステアリングとブレーキフィール

f:id:togari31:20190729010256j:plain

コーナリング時もロールは抑えられてスムーズに曲がれますね。キビキビという感覚では無いんですが、素直に曲がってくれるといった感じです。

特に良かったのがブレーキフィール!

ハイブリッド車にありがちなフワッとした回生ブレーキ感は無く、踏めばダイレクトに効いてくれる所には関心しました! 

ハイブリッドとガソリンの特性を両方兼ね備えたドライブフィールはもっと評価されてイイはずです!
  

まとめ

f:id:togari31:20190729003558j:plain

 ホンダ インサイト試乗のまとめ感想としては、

  • 国産車離れした気品あるエクステリアは圧倒される仕上がり!
  • エクステリアとギャップのあるスポーティーな内装仕上げは高級感の演出が加われば商品価値はもっと上がりそう!
  • ハイブリッドとガソリンエンジンのイイとこどりのドライブフィールはセダンとの相性も抜群!もっと評価されるべき!
ミドルセダンの優等生として生まれ変わったカッコいいクルマなんですが、多くの方がインサイトいう車名のイメージが強く残っているのが現状です。
これはインサイトであり、インサイトでは無い!!
ですw
ミドルセダンを検討中の方にはオススメできる1台に仕上がっていました!
当ブログではいつもお伝えしているのですが、
クルマの魅力は自分で体感してナンボ!!
お近くのディーラーで魅力を是非体感してみて下さい!
 

f:id:togari31:20190729233216j:plain

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、
買取業者への一括査定サービスは、複数業者との電話同時交渉など自分で動く事が多くなるので結構面倒だなぁって思う方多いと思います。
そこで面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

  • 一括査定では無い、オークション式の新しいクルマの買取方式!
  • 買取業者の仲介をしてくれるので、しつこい営業電話は掛かってこない!
  • 車両情報のみの開示なので、買取業者に個人情報も流れない!
  • 査定は提携のGSか自宅での1回のみ! 約1時間で完了!

連絡は1社のみに絞られて取会社のうち1番高い金額を仲介会社がネット内で提示してくれるので安心して交渉が進める事が出来ます。
自分のクルマの下取り価格を知っておくと、ディーラーでの商談時に必ず役立つと思います! 
少し前になりますが僕の前車の7年落ちのハリアーが、
ディーラー下取り価格75万円のところ、買取価格130万円という驚きの結果でした!!
クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用に当てちゃいましょう!
買取額の見積もりだけでも出来ますので、是非参考にしてみて下さい!


 

 

次回ご紹介するクルマは、

f:id:togari31:20190806013332j:plain

 国産ステーションワゴンの名車を試乗してきました!

f:id:togari31:20190806013544j:plain

専用設計されたRECAROシートでの走りの体感もお伝えしたいと思います!

今後も話題のクルマ・気になるクルマを実際に体感して素人目線ではありますが、クルマの魅力をお伝えできたらと思っています!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!