やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

【新型レンジローバーイヴォーク試乗しました!】 存在感抜群のデザインとサイズ感!「一部動画で紹介 」 エクステリア編

f:id:togari31:20190703004326j:plain

こんにちは。 togariです!

新型レンジローバーイヴォーク試乗してきました!

存在感抜群のエクステリアデザインは最新のトレンドを取り入れながら更に進化していました!! 

個性的なサイズ感は新型イヴォークでも健在です!

個人的には昨年の発表からずっと気になっていた1台でようやく日本発売になりました!

新型レンジローバーイヴォークが気になる方・検討中の方へ何か参考になれば幸いです。

 

ディーラー紹介

f:id:togari31:20190703080013j:image

今回試乗させて頂いたのは、

ランドローバー広島さんです。

【公式】ランドローバー広島 | ランドローバー正規ディーラーウェブサイト

試乗させて頂きありがとうございました!

こちらのディーラーは先月6月に移転オープンしたばかりの新店舗になるのですが、

  • 1F 受付・駐車場
  • 2F ランドローバーディーラー
  • 3F ジャガーディーラー
  • 4F 認定中古車展示スペース 

とビル1棟分の複合型デイーラーになっています!

f:id:togari31:20190703080625j:image

僕が伺ったのは2F ランドローバーのディーラーなんですが、ショールームの展示車は全てSUVでした!!(当たり前かww)

現行のレンジローバースポーツやヴォーグ・ディスカバリー・ヴェラールまでレンジローバーのフルラインナップを一度に間近で見ることが出来ます。

f:id:togari31:20190703080616j:image

大型SUVが並ぶ圧巻の展示スペースでした!

ここだけで何記事も書けそうですww

市街地からも近く買い物途中にも立ち寄りやすい立地にありますのでお近くの方は是非!

 試乗車両情報

今回の試乗車情報です。

f:id:togari31:20190703004326j:plain

 レンジローバー イヴォーク SE 250PS AWD

  • ボディーカラー ユーロンホワイト
  • 搭載エンジン  2.0L直列4気筒ガソリンターボ
  • 燃料      ハイオク
  • 燃費      JC08モード 正式発表前
  • 車両寸法    
  • 全長      4,371mm
  • 全幅      1,904mm
  • 全高      1,649mm
  • 車両重量    1,862kg
  • 車両価格      ¥6,460,000-
  • 乗車定員    5名
  • オプション装備   
  • プライバシーガラス                     ¥65,000-
  • アクティブダイナミックス     ¥172,000-
  • プレミアムカーペットマット    ¥37,000-
  • コンフィギュラブルアンビエンインテリアトライト ¥81,000-
  • デジタルTV                                  ¥111,000-
  • キーレスエントリー        ¥98,000-
  • ハンズフリーパワーテールゲート  ¥15,000-
  • インテリアビューミラー     ¥17,000-

かなりオプションが多い様な気がしますが、今は気にしない様にしましょうww

グレード構成

f:id:togari31:20190703010940j:plain

今回新型レンジローバーイヴォークは発売から多くのパワートレインがラインナップされています。

発売直後の現在はガソリンエンジンモデルのみのラインナップになります。

現在発売されているガソリングレードだけでも、

  • イヴォーク    P200                          ¥4,610000-
  • イヴォークS    P200                          ¥5,280000-
  • イヴォークSE P200                           ¥6,050000-
  • イヴォークSE P250                           ¥6,460000-
  • イヴォークR-DYNAMIC S P250        ¥6,020000-
  • イヴォークR-DYNAMIC SE P250      ¥6,790000-
  • イヴォークR-DYNAMIC HSE P250      ¥7,470000-
  • イヴォーク ファーストエディション    ¥7,990000-

とかなり多くのグレード構成となっています。これに加え、

8月頃にディーゼルエンジンモデルが追加されます!

今回はディーゼルモデルの導入が早いのは良いニュースですね!

先代イヴォークはユーザーからディーゼルモデルの要望が多く上がっていましたが、日本導入が遅れてしまい追加された時期がモデル末期頃になりました。

今回の新型レンジローバーイヴォークは導入も早くディーゼルモデルにも注目が集まりそうですね!

その後マイルドハイブリッドエンジンモデルの追加も予定されているそうです。

今回はガソリン仕様の中間グレードにあたる、

インジウム2.0L4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載する出力250馬力のイヴォークSE 250ps AWDという車両に試乗させて頂きました。

 

新型レンジローバーイヴォーク エクステリア

f:id:togari31:20190703225922j:plain

新型レンジローバーイヴォーク フロントビューです。

くぅー!やっぱカッコいい!!ww 

今回も個性的なクーペデザインは超キープです!

先代からの存在感抜群のエクステリアを継承しながら更に美しく仕上がっていますね!

先代イヴォークよりもボディー形状が曲面的なので、全体的に見ると柔らかな印象も受けました。

ボディカラーのユーロンホワイトもブラックアウトされたアクセントが活きてスタイリッシュな仕上がりです!

フロントデザイン

f:id:togari31:20190703230254j:plain

新型レンジローバーイヴォークフロントデザインです。

正面から見ると全幅1900mmとかなりワイド感あるフロントデザイン!

重心も低くデザインされて躍動感を感じます!

フロントだけ見ても直感的にイヴォークと分かるデザインはお見事!

フロントバンパー下部はエアーディフューザーデザインになっておりスポーティーな演出がされています!

各パーツも先代より質感がアップして車格が上がって見えますね!

 

美しい造形!フロントヘッドライト

f:id:togari31:20190703005000j:plain

新型レンジローバーイヴォークヘッドライト詳細です。

マトリックスLEDヘッドライトというアダプティブ機能を持つ高性能型ヘッドライトが装備されています。

かなり薄型なデザインに変更され、デイライトのデザインも独特な形状で発光の仕方も綺麗!

今回のウィンカーはシーケンシャル式になっています! 

なかなか画像では伝わらないので、

今回新たな試みとして動画を撮ってきました!

とはいっても再生時間が短すぎてYouTubeに投稿出来ず、Twitter経由なんですがw

かなり短い動画になるのですが、

通常の写真よりも見て下さる方へダイレクトにカッコよさが伝われば幸いです!

いかがだったでしょうか。

シームレスで滑らかに流れる様はまるで英国紳士ww

動画に関しては今後も試行錯誤して行こうと思いますので温かい目でお願いしますww

 

完成されたサイドビュー

f:id:togari31:20190704000514j:plain

新型レンジローバーイヴォークサイドビューです。

全長を4,371mmに抑えて無駄なラインをそぎ落としたサイドビューはイヴォークにしか見えない完成されたデザインですね!

特にドア周りの収まりが秀逸!!ちりを抑えた美しい収まりで仕上がってます!!

ルーフをカットしたような大胆な形状はイヴォークの象徴!

街中に溢れるSUVの中でも唯一無二の存在感です!

今回ホイールベースが延長され、ネガティヴ要素だった後席の居住性も改善されていました。

次回内装編でお伝えしようと思います!

 

ヴェラールとは違うアプローチのサイドデザイン

新型レンジローバーイヴォークのデザインは、先に発売されいるミドルSUVのレンジローバーヴェラールに似てるなと思っていたのですが、ショールームにヴェラールの展示車があったので比較してみました。

こちらがレンジローバーヴェラール

f:id:togari31:20190703011401j:plain

こちらが新型レンジローバーイヴォーク

f:id:togari31:20190703011335j:plain

レンジローバーヴェラールは、後ろへ向かう滑らかなルーフラインとサイドプレスラインがリアに向かって伸びやかに流れるデザインに対し、

新型レンジローバーイヴォークは、ルーフの傾斜を付けながらサイドプレスラインがヒップに向かってかなり大胆に絞られておりマッチョで軽快な印象!

こうやって見比べるとサイドデザインはアプローチは印象がかなり違いますね。

新型イヴォークの軽快なデザインは走りにも通じるものがありました!

次回試乗編でお伝えしようと思います!

 

未来感抜群!フラッシュエクステリアドアハンドル

f:id:togari31:20190703005332j:plain

今回の新型レンジローバーイヴォークのカッコいいポイントはココ!!

格納式のドアハンドルです!! 

実はこれが一番見たかったんです!

先に発売されているレンジローバーヴェラールに採用されていましたが、今回の新型レンジローバーイヴォークにも同じ装備が搭載されました!

f:id:togari31:20190703172247j:plain

キーレスで操作をするか、ハンドルにあるボタンをタッチする事でドアハンドルが張り出す仕組みになっています。

ハンドル部が独特な形状ですが実際に握ってみるとグリップは大きめで開閉には支障無くドアを開けられます。

このフラッシュエクステリアドアハンドルのスゴイ所は施錠時の状態なんです!

f:id:togari31:20190704004348j:image

格納後はこのツライチ感!!

これはデザイン賞をあげたい!!ww

ドアハンドル格納時の様子も動画で撮りましたのでどうぞ!

動画には映っていないのですが、この格納動作はドアハンドルが4箇所同時に格納すのでホント未来感抜群です!

f:id:togari31:20190704004051j:image

エンジン始動後ある程度速度が上がると、集中ドアロックの様に自動で4箇所同時収納されるので街中や駐車場では注目度がハンパ無いでしょう!

ただし、今回のこの機能はキーレスエントリーという¥98,000-のオプション装備です。

なかなか高額なオプションになってしまうのですが、新型レンジローバーイヴォークを検討する際には是非とも付けたい装備です!!

タイヤ・ホイール

f:id:togari31:20190703004930j:plain

今回の試乗車には、

20インチ5スプリットスポーク“スタイル5076” というホイールが装備されていました。

グロスフィニッシュ仕上げになっており色見が少しシンプルに見えますが、実際は画像よりも質感は良かったです。 

今回の試乗車のグレードだとオプション金額が掛からない選択のホイールデザインになります。

ホイールデザインは先代イヴォークの面影が見えますね。先代の発表後このホイールに影響されて色んなメーカーから似たデザインが採用されていましたよねー。

ホイールについては今回21インチ等、かなりの種類が選択出来るので自分好みのデザインを選択する事が可能です。

タイヤに関しては、オールシーズンタイヤが標準装備されています!

ココは全天候を走破するブランドのランドローバーらしさが出てます!

f:id:togari31:20190704014355j:plain

ボンネットは中央に段差のアクセントが付いています。 この段差が運転席から見ると前方視界がハッキリ見えて車体感覚を掴みやすい実用性も兼ね備えていました!

リアビュー

f:id:togari31:20190704013656j:plain

新型レンジローバーイヴォークリアビューです。

リアデザインは垂直に立ったボディーラインがSUVらしいタフな仕上がりです!

明るくて見えづらいのですが、サイドフェンダーの張り出しがかなり効いてます!

水平調にリアテールランプとランドローバーのネームロゴが配置されているのが特徴的ですね。

バンパー下部もディフューザーデザインになっていてスポーティーな演出もされています。

f:id:togari31:20190704013935j:image

車名ロゴとグレードロゴもボディーに表示されるのは特別感あってイイですね。

新しい提案!リアシーケンシャルランプ

f:id:togari31:20190703004857j:plain

リアテールランプもご覧の仕上がりです!

スマートなデザインでリアテールランプも段差の無い滑らかな仕上がり!

リアウィンカーもシーケンシャルに流れます!

点灯+シーケンシャルに流れ視認性の高い流麗なウィンカーですね! 

ありそうで無かった斬新なデザイン!

ランドローバーというと伝統を守るブランドのイメージがあったんですが、流行りのトレンドを取り入れている点も新型レンジローバーイヴォークの魅力的なポイントです!

f:id:togari31:20190703010209j:plain

マフラーは片側1本出しでバンパー下部に隠れるように配置されていました。 相当しゃがみ込まないと見えなくなっています。

ラゲッジスペース

f:id:togari31:20190703010827j:plain

新型レンジローバーイヴォーク ラゲッジスペースです。

ラゲッジ容量は472Lと先代よりも拡大されています!

画像には写っていないのですが、パワーバックドアとキックオープン式の機能も装備されていました。 実際に足で操作してみましたが、センサーの感度はなかなか良かったです!

f:id:togari31:20190703010853j:plain

床下にはスペアタイヤが装備されていました。収納するスペースは殆ど無さそうですね。

f:id:togari31:20190704013742j:plain

新型レンジローバーイヴォークを斜め後方から。

このバックスタイルのアングルもカッコいいですね!

ヒップラインの上がり具合がとてもセクシーです!

このアングルからだとヒップラインの影響で、リアガラスの面積はかなり狭くデザインされているのが良く見えるかと思います。

f:id:togari31:20190704191428j:image

f:id:togari31:20190704191245j:plain

ショールーム内にはツートンカラーの新型レンジローバーイヴォークも展示されていました。

ボディーカラーが変わると、メリハリがはっきり出てよりスポーティーな印象に変わりますね!


まとめ

f:id:togari31:20190703004835j:plain

今回の新型レンジローバーイヴォーク エクステリアの感想としては、

  • 街中でも目を惹く抜群の存在感は先代と変わらず超個性的なデザイン!
  • 無駄をそぎ落としたボディーラインは一見の美しさ!
  • レンジローバーの伝統を守りながら、先進的装備を採用して最新のトレンドにも対応!

SUVが溢れる国内のクルマ事情に新たな刺激を与える1台になりそうです!

当ブログではいつもお伝えしているのですが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

是非お近くのディーラーで体感してみて下さい!

f:id:togari31:20190703004326j:plain

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは、複数業者との電話同時交渉など自分で動く事が多く結構面倒だなぁって思う人多いと思います!

そこで面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

  • 一括査定では無い、オークション式の新しいクルマの買取方式!
  • 買取業者の仲介をしてくれるので、しつこい営業電話は掛かってこない!
  • 車両情報のみの開示なので、買取業者に個人情報も流れない!
  • 査定は提携のGSか自宅での1回のみ! 約1時間で完了!

連絡は1社のみに絞られて取会社のうち1番高い金額を、仲介会社がネット内で提示してくれるので、安心して交渉が進める事が出来ます!

自分のクルマの下取り価格を知っておくと、ディーラーでの商談時に必ず役立つと思います! 

少し前になりますが僕の前車の7年落ちのハリアーが、

ディーラー下取り価格75万円のところ、買取業者だと130万円という驚きの結果でした!!

クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用に当てちゃいましょう!

買取額の見積もりだけでも出来ますので、是非参考にしてみて下さい!

 

 

f:id:togari31:20190704161403j:plain

次回は新型レンジローバーイヴォークの内装編をお伝えしようと思います。

内装もご覧の先進的なデザイン! 魅力満載のインテリアを紹介しようと思います!

良かったらまた見て下さい!

今後も話題のクルマ・気になるクルマを実際に体感して素人目線ではありますが魅力をお伝えできたらと思っています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!