やっぱりクルマが好き。

仕事も家庭も忙しいけど、やっぱりクルマが好き! クルマの魅力を素人目線で楽しくお伝えします!

【魅力は現在進化中!】スバル レヴォーグ 1.6 STI Eye Sight Black Slection試乗しました! エクステリア編

f:id:togari31:20190807001723j:plain

こんにちは。 togariです!

スバル レヴォーグ1.6STI Eye Sight Selection試乗しました!

発売されてからのモデルサイクルが長いスバル レヴォーグですが、

魅力は現在進化中です!

前からずっと気になっていた1台で、専用シートを装備した特別仕様車が発売されたタイミングで試乗させて頂きました!

f:id:togari31:20190807003002j:plain

今回のポイントはこの専用シート!

スバルとレカロ社が共同開発したレヴォーグ専用設計のスポーツシートです!

レカロシートというとレーシングカーの様な本格バケットシートのイメージですが、今回は一般的なスポーツタイプ形状のシートデザインになっています!

ディーラー紹介

今回試乗させて頂いたのは、

山口スバル 岩国店さんです。

f:id:togari31:20190807231712j:plain

https://www.yamaguchi-subaru.co.jp/iwakuni

ありがとうございました!

以前フォレスターの試乗の際にお世話になったディーラーさんですが、今回も快く対応して頂きました。

僕の地元ではスバルのデイーラーは市内に1店舗しかありません。

他の自動車メーカーと比べると少ない店舗数の中、地道に頑張られているディーラーさんです!

お近くの方は是非!

試乗車両情報

今回の試乗車両情報です。

f:id:togari31:20190807001723j:plain

スバル レヴォーグ  1.6STI Sport Eye Sight Black Selection 

ボディーカラー クリスタルホワイト・パール
搭載エンジン 1.6L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボ
駆動方式 AWD
使用燃料 レギュラーガソリン
燃費 J08モード 16.0Km/L
全長 4,690mm
全幅 1,780mm
全高 1,490mm
車両重量 1,560kg
車両本体価格 ¥3,564,000-

 

オプション装備 

有償ボディーカラー ¥32,400-
RECAROフロントシート・運転席8WAYパワーシート ¥194.400-

今回注目のRECAROフロントシートはメーカーオプション設定で、フロントシートのみがRECARO特注シートになります。

フロントシートだけでこの価格設定はなかなかですね!

ちなみに後席シートはウルトラスエード/本革シートの仕様になります。

スバル レヴォーグ Eye Sight Black Selectionのパワートレインは2グレード構成です。

1.6 STI Sport Eye Sight Black Selection 170PS ¥3,564,000-
2.0 STI Sport Eye Sight Black Selection 300PS ¥4,050,000-

 

300PSのハイスペック仕様のエンジン展開もあるんですね!

価格もなかなかハイスペックww

今回の試乗車はレヴォーグ1.6/2.0STI Sportをベースとして、

STI Eye Sight Black Selectionの特別装備が装着されています。

f:id:togari31:20190809232314j:plain

225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール(ブラック塗装&切削光輝)
ブラックカラード・ドアミラー
カラード・ドアハンドル
フロントコンソール(ブラックレザー調素材+レッドステッチ)
スライド機構付コンソールリッド(ブラック+レッドステッチ)
ドアトリム/ドアアームレスト(ブラック+レッドステッチ)
ウルトラスエード/本革シート(ブラック+レッドステッチ)

エクステリア・内装までブラックを基調とした 大人な仕上がりになっています。

前回もインサイトもブラック仕様のクルマでしたが、たまたまですww

それではエクステリアのレビューにいきましょう!

スバル レヴォーグエクステリア

全幅マジック!スバル レヴォーグフロントビュー

f:id:togari31:20190807002903j:plain

うん! 安定のカッコ良さ!!

ボンネットに重鎮するエアインテークとヘキサゴングリルと言われる六角形のフロントグリルが目を惹きます!

レヴォーグのスゴイ所は全幅マジック!

最近大型化する国産車の中でも全幅1800mmを切るサイズ感はお見事です!

狭い場所や立体駐車場で心配も必要無い日本仕様のサイズ感は今では貴重な存在!

今回の試乗車はSTI Sportの専用フロントバンパーが標準装備されワイド感がより強調されています! 

理屈抜きにカッコいいっす!

f:id:togari31:20190808010835j:plain

2014年にレヴォーグとして発売から6年経ちますが、毎年毎の年次改良によって更にブラッシュアップされていますね!

レヴォーグSTIスポーツのエアロって、街中で見掛けると何処か上品さを持つ印象に見えて素敵です!

f:id:togari31:20190807002917j:plain

 ヘッドライトはLED式を採用。コの字型に点灯するスバル車共通のデザインです。

その下にはLED式のデイタイムランニングライトとLEDフォグライトが配置されています。

ウィンカーはハロゲン式が採用されていました。

f:id:togari31:20190808011038j:plain

中央の水晶玉の様なヘッドライトにはステアリング連動ヘッドランプという機能が装備されています。

夜間カーブや交差点を曲がる時、ステアリング操作に連動して進行方向を照らしてくれるハイテク機能!

安全運転支援機能もスバルは他メーカーとは一味違います!

f:id:togari31:20190808010538j:plain

ボンネットにはエアインテークが重鎮! 走りのSTIを表現した演出がカッコいいですね!

スバル レヴォーグサイドビュー

f:id:togari31:20190807002939j:plain

スバルレヴォーグサイドビューはタイヤを両端に配置したステーションワゴンのお手本となる伸びやかなボディーデザインです。

全高1490mmの低めなスタイリングにサイドスカートがスマートにライン取りされエレガントな一面も持っています。

今回の試乗車Black Selection装備のサイドミラー・ホイールのブラック仕上げがホワイトのボディーカラーを引き立てる良いアクセントになっています!

f:id:togari31:20190808011323j:plain

 画像が逆になりますがスミマセン。

タイヤ・ホイールは特別装備の225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール(ブラック塗装&切削光輝)です。

近くで見るとホイール表面はブラック塗装・リム周りは切削仕上げとなかなか面白い仕上がりです!

f:id:togari31:20190809002854j:plain

サスペンションはSTIチューニングのビルシュタイン製ダンパーが装備されています

ビビッドなカラーに塗装されている所も特別感があってイイですね! 

乗り味は固めなんですが、タイヤから伝わる感覚はピッチングをビシッと抑えてくれる印象でした。

逆に大きな段差では結構突き上げ感を感じます。 このあたりは好みが分かれてそうな所です。

圧倒的前方視界!

f:id:togari31:20190808011241j:plain

サイドミラーは専用装備のカラード仕様でブラック塗装されています。

ココにもスバル伝統のコダワリが!

f:id:togari31:20190809004202j:plain

Aピラーや三角窓の配置による前方視界は抜群です!

交差点の右折時や幹線道路に出る時の視界の良さは圧倒的!

スバルのクルマはどの窓から見ても身長1mの子供を確認出来るように設計されているそうです。

この徹底した全方位視界は乗らないと分からないスバルの大きな魅力のポイントです!

スバル レヴォーグリアビュー

f:id:togari31:20190807003030j:plain

スバルレヴォーグリアデザインはベーシックなステーションワゴンのデザインです。

どうしても左右2本出しマフラーのインパクトが強いんですが、

左右のヘッドライトを結ぶリアガーニッシュがスポーティー過ぎない様に上手くバランスを取っています!

f:id:togari31:20190809004908j:plain

STIのロゴマークのデザインがカッコいい!

直感で走るクルマ!と連想出来るくらい、色使いとロゴサイズがベストバランスですね!

f:id:togari31:20190809004921j:plain

もちろん左右2本出しマフラーも好きですww

マフラーカッターはSTIロゴの型押し仕上げ! こういう所まできちんと造り込まれていると所有後の満足度も高いですね!

f:id:togari31:20190809010135j:plain

リア斜め45度から見るとプレスラインがくつきり見えて伸びやかなスタイリングが素敵です! 

美しいステーションワゴンの見本となりそうなリアビューです!

機能性が高い!ラゲッジスペース

f:id:togari31:20190809005943j:plain

スバルレヴォーグのラゲッジ容量は552L。ラゲッジフロアの奥行は1m以上あるので積載量は十分にありますね!

f:id:togari31:20190809005954j:plain

ラゲッジ床が低いので荷物の出し入れがしやすいのもワゴンスタイルの良い所です。

床面にデッドスペースが少なく無駄無く積み込み出来そうですね!

f:id:togari31:20190809010009j:plain

スバル レヴォーグのリアシートは4:2:4分割可倒式を採用しています。 ラゲッジ横のボタンで簡単に倒すことが出来ます。

f:id:togari31:20190809010023j:plain

中央部のみを倒して4名乗車しながら長物を積む事が出来たり、

f:id:togari31:20190809010059j:plain

リアシートを全て倒すとご覧の状態!

ちょっとした家具なんかも積み込めそうですね!

シートアレンジの機能性の高さもスバル レヴォーグの魅力的なポイントです!

スポーティな一面を持ちながらも機能性はしっかりとキープ!

レヴォーグが幅広い年代の方に支持される理由はココなんですね!

 

続いて内装の紹介へ移ります。


スバル レヴォーグ 内装

質感はクラス超え!フロントドア仕上げ

f:id:togari31:20190809143651j:image

スバル レヴォーグ STI Eye Sight Black Selctionのフロントドアは特別装備のブラック&レッドステッチ仕上げになっています。
f:id:togari31:20190809143648j:image

ドアトリムやウィンドウスイッチ周りの仕上げも同クラスと比べても質感はかなり高いです!

書いていて気づいたんですが、下のドアポケット周りはフェルトを張っている様に見えますね!

異音対策の為だと思いますが、ここにまでコストを掛けているクルマは初めて見ました!
f:id:togari31:20190809152747j:image

運転席下の部分を撮ってみました。ドアを開けた時のサイドスカートの見え方が個人的にはかなり好きなポイント!

ペダルレイアウト

f:id:togari31:20190810003430j:plain

アクセルペダルは吊り下げ式でした。 専用アルミプレートが装備され、フロアマットにまでSTIロゴが入って足元の質感も十分です!

ホールド感がハンパない! RECARO専用シート

f:id:togari31:20190809152721j:plain

これが見たかったんだー!!

今回の注目ポイント レヴォーグ専用設計によるRECAROシートです!

おー!カッコいいじゃん! デザインセンスもかなりイイんじゃないんでしょうか。

この専用シートはSTI Eye Sight Black Selection専用のメーカーオプション装備になり、

フロントシートだけでオプション価格¥194,400-!!

通常の本革レザーシートでも高くても10万前後なのでなかなかの価格設定です!

画像多めで詳しく紹介すると、
f:id:togari31:20190809152734j:image

なんといってもショルダー部分のサポート!

横Gを抑える為に大きく張り出しているのが特徴的です。実際に座ってみてもホールド感がハンパない!

表面仕上げのモケット生地も肌触りが良く、角度によって色味が変わる上質な素材でした。

ヘッドレストにはさりげなくSTIの型押し仕上げも凝ってますねー!
f:id:togari31:20190809152754j:image

サポート部の張り出しも大きめだったんですが、窮屈さは感じなくて身体にフィットしてフィットしてくれます!

f:id:togari31:20190809152659j:plain

シートは運転席・助手席共に8WAYパワーシートです。 ランバーサポートはシートの構造上付けられなかったそうですが、RECAROでパワーシート仕様なら十分だと思います!

f:id:togari31:20190809152716j:plain

個人的に感心したのが、座面端の出っ張り部分です。

座ってみると太もも裏に当たって足をホールドしてくれるような感覚でした!

f:id:togari31:20190809152704j:plain

細かいトコロで言えば、こんなRECAROのメタルパーツも付いてます! 

ここは自己満足の世界かもしれませんがww

全体の様子をいつものように超短編動画でどうぞww

動画で見るとシートの色味が変わって見えたり質感がより分かりやすいかと思います!

f:id:togari31:20190810010758j:plain

価格設定としては高めですが、個人的にはレヴォーグを検討の際は是非体感して頂きたいシートだと思います!

今回はここまで! 次回内装の続きの紹介をしたいと思います。

まとめ

f:id:togari31:20190807002903j:plain

今回のスバル レヴォーグ 1.6STI Eye Sight Black Selction エクステリアのまとめとしては、

  • 発売後6年を経過したエクステリアデザインはブラッシュアップを重ね古さを感じさせないフレッシュな印象!
  • スポーティーなイメージながら全方位視界と機能性の高いラゲッジルームを採用し、幅広いシーンに対応するオールマイティーな優等生!
  • 専用RECAROシートは抜群のホールド感で検討中の方は要チェック!

期待を裏切らない満足度の高い1台に仕上がっていると思います!

当ブログではいつもお伝えしていますが、

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!

是非お近くのディーラーで体感してみて下さい!

f:id:togari31:20190807001710j:plain

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、
買取業者への一括査定サービスは、複数業者との電話同時交渉など自分で動く事が多くなるので結構面倒だなぁって思う方多いと思います。
そこで面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

  • 一括査定では無い、オークション式の新しいクルマの買取方式!
  • 買取業者の仲介をしてくれるので、しつこい営業電話は掛かってこない!
  • 車両情報のみの開示なので、買取業者に個人情報も流れない!
  • 査定は提携のGSか自宅での1回のみ! 約1時間で完了!

連絡は1社のみに絞られて取会社のうち1番高い金額を仲介会社がネット内で提示してくれるので安心して交渉が進める事が出来ます。
自分のクルマの下取り価格を知っておくと、ディーラーでの商談時に必ず役立つと思います! 
少し前になりますが僕の前車の7年落ちのハリアーが、
ディーラー下取り価格75万円のところ、買取価格130万円という驚きの結果でした!!
クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用に当てちゃいましょう!
買取額の見積もりだけでも出来ますので、是非参考にしてみて下さい!

 

 

次回は、前回に引き続きスバル レヴォーグ1.6 STI Eye Sight Black Selectionの内装・試乗編を紹介します。

f:id:togari31:20190810013638j:plain

f:id:togari31:20190809152721j:plain

Blackでコーディネートされたスポーティーな内装仕上げや、専用RECAROシートで体感した走りの感想等を紹介しようと思います。

良かったらまた読んでみて下さい。

今後も話題のクルマ・気になるクルマを実際に体感して素人目線ではありますが、クルマの魅力をお伝えできたらと思っています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!