やっぱりクルマが好き。

試乗を通じて クルマの魅力を楽しくお伝えします!

【抜群の前方視界!新型RAV4と比較】スバル フォレスターX-BREAK試乗しました! 試乗編

f:id:togari31:20190525233030j:plain

こんにちは。 togariです!

スバル フォレスターX-BREAKに試乗して来ました! 

抜群の前方視界で、SUVとは思えない運転しやすいクルマでした!!

今回は試乗編・試乗車の見積もりも頂いてますのでお伝えしようと思います!

 

今回も現在話題沸騰中のSUV、トヨタ 新型RAV4と比較しながらお伝えしようと思います!

 

f:id:togari31:20190525233030j:plain

スバルフォレスターを検討中の方、これからSUVを検討中の方へ参考になれば幸いです!

 

ディーラー紹介

今回試乗させて頂いたディーラーさんは、

山口スバル 岩国店さんです。

 

f:id:togari31:20190519010615j:plain

ありがとうございました!

 

f:id:togari31:20190523003933j:plain

フォレスター以外にもこんなお得なキャンペーンを開催中ですので、お近くの方は是非! 

現在クルマを検討中の方には当たるとビックリのキャンペーンですねww!

試乗車両情報

フォレスター

今回の試乗車両情報です。

f:id:togari31:20190519231639j:plain

  スバル フォレスター X-BREAK 2.5L AWD   

  • ボディーカラー アイスシルバー・メタリック
  • 搭載エンジン  2.5L 直噴エンジン リアトロニックCVT  
  • 燃料      レギュラーガソリン
  • 燃費      WLTCモード 13.2km/L
  • 車両寸法    
  • 全長      4,625mm
  • 全幅      1,815mm
  • 全高      1,730mm
  • 車両重量    1,530kg
  • 車両価格      ¥2,916,000-
  • 乗車定員    5名
  • オプション装備
  • キーレスアクセス&プッシュスタート
  • 運転席&助手席パワーシート
  • パナソニックビルトインナビ
  • ホイールデカール

スバル フォレスター X-BREAKグレードは、アクティブユーザーへ向けてエクステリアのオレンジ加飾や内装に実用的な機能をもつ持つグレードになります。

比較車種の新型RAV4の試乗車両情報です。

新型RAV4

f:id:togari31:20190529231354j:plain

TOYOA  RAV4 Gグレード 4WD

  • ボディーカラー アティチュード  ブラックマイカ
  • 内装カラー   ブラック 合成皮革
  • 搭載エンジン  2.0LダイレクトCVT  ダイナミックフォースエンジン
  • 使用燃料    レギュラーガソリン
  • 燃費      WLTCモード 15.2km/L
  • 車両寸法   
  • 全長       4,600mm
  • 全幅                      1,855mm
  • 全高                      1,685mm
  • 乗車定員     5名
  • 車両価格    ¥3,202,200-
  • オプション装備   
  • スペアタイヤ ¥10,800-
  • TCナビ9インチモデル NSZT-Y68T   ¥258,120-が装備されていました。

話題のダイナミックトルクベクタリングAWDは装備されていないモデルになります。

 スバル フォレスター X-BREAK 試乗編

直進性能

フォレスター直進性能

f:id:togari31:20190529233256j:plain

エンジンスタートボタンを押してエンジン始動します。

キュキュン!っとエンジン音が鳴りました! スバルの水平対向エンジンイイ音しますね!

ディーラーを出て国道を走行したんですが、

出足が軽いです!! フォレスターって4WDだったですよね!?

クルマの重量を感じさせない軽快な加速感でスピードが上がっていきました! 

見た目からでは、この出足は想像出来なかったですww

X-BEAKには、2.5L直噴エンジン リアトロニックというCVTを改良したエンジンが搭載されています。

このリアトロニックですが、CVT特有のモワーって加速する感覚は無くCVTって言われないとわからない位自然な加速でした! 

一昔前のCVTの感覚と思っているとビックリすると思いますww 

新型RAV4直進性能

f:id:togari31:20190529231354j:plain

新型RAV4の加速感は発進時に少し重たさを感じるものの、強いトルクで引っ張ってくれます!

何より感じたのは、直進安定性の高いボディー剛性!

どっしりとした乗り味を感じました! ココはトヨタの新プラットフォームTNGAの効果が高いです!

現行型のハリア-・レクサスNXやRXでもこのTNGAプラットフォームはまだ採用されていないので大きなポイントです!

運転視界

フォレスター視界

f:id:togari31:20190523003817j:plain

スバル フォレスター走りの1番の魅力は、

抜群の前方視界でしょう!!

フロントウィンドウのラインを立たせ、Aピラーを極力小さくする事で死角を無くし、

前方方向の視界を良くする工夫がされています!

デザイン的にはどうしても角張った形になるのですが、運転のし易さを最優先しているスバルのゴダワリが出ているところですね!

f:id:togari31:20190530230202j:plain

 広い前方視界のおかげで車体感覚も掴みやすく、色々な世代の方にも運転しやすいと思います!

f:id:togari31:20190530234124j:plain

フォレスター抜群の視界は後席にも!!

Cピラーが大きくデザインされているので、カメラでは映りにくい後方の死角もバッチリ見えます!

僕の乗っているハリアーもバックカメラ付いてるんですが、車庫入れする時につい後方のこの角度を見てしまいますww

新型RAV4視界

f:id:togari31:20190530231510j:plain

新型RAV4はボンネットの両端が立ち気味にラインが入るおかげで、ワイドなボディーでも車体感覚を掴みやすい工夫がされています!

段差付き上げ感

フォレスター段差付き上げ感

f:id:togari31:20190519234848j:plain

スバル フォレスター X-BREAKのタイヤは17インチが標準装備されています。

路面の凹凸の広い道は、スッと突き上げを抑える感じで滑らかな収まりでした。

フォレスターは他のグレードでは18インチ装備のグレードもありますのでこの感覚も違ってくるかもしれません。

新型RAV4段差付き上げ感

f:id:togari31:20190530232320j:plain

新型RAV4Gグレードのタイヤは18インチが標準装備されています。

路面の凹凸の広い方は、ピシッと突き上げを抑える感じで力強い収まりでした。

強いといっても不快に感じる訳では無く、剛性感で抑えられている感覚でした。

このあたりは両車とも収まり方の感覚が違うので、好みが分かれるトコロだと思います。

ステアリング

f:id:togari31:20190530232925j:plain

ステアリングに関しては、両車共に結構軽めな感覚ですね。

ステアリングに伝わる振動も抑えられて、平坦なコーナーでは素直に曲がってくれます!

下り坂でのコーナーリングについては、

フォレスターは 少し剛性感が弱い印象を受けました。 水平対向エンジンの配置でバランスを取ってくれるかなと思ったのですが、個人的にはあまり効果が感じられなかったです。

新型RAV4はボディー剛性が強く効いていて、下り坂のコーナーでもしっかり抑えてくれる感覚でした!

ブレーキ性能

f:id:togari31:20190531232536j:plain

ブレーキ性能については両車共に効きが良いですね!  

両車共にブレーキオートホールドが装備されているので信号待ちも右足を離せてラクチンです!

アイドリングストップからの復帰も、両車共に静かなエンジン始動でした!

ドライブセレクトモード

フォレスタードライブセレクトモード

f:id:togari31:20190530235553j:plain

フォレスターにはドライブセレクトモード機能がありますので、

モードをS-DRIVEに切り替えて見ました。

フォレスターはステアリングスイッチで切り替え出来るので、運転中も瞬時にモード変更が行えます!

f:id:togari31:20190522002702j:plain

S-DRIVEでアクセルを踏み込むと、室内に若干音は入ってきますが、引っ張る様な変速で加速していきました! 

新型RAV4ドライブセレクトモード

f:id:togari31:20190531000354j:plain

新型RAV4Gグレードにもドライブセレクトモード機能が装備されています。
切り替えボタンはシフト横に配置してありますので、ドライブセレクトをSPORTモードへ切り替えてみました。

f:id:togari31:20190531000901j:plain

SPORTモードに切り替えるとアクセルのタッチが敏感になり、踏み込むとドカンとトルクが効いて加速する感覚でした!エンジン音は若干うなりますが、個人的には心地よい加速感でした!

この辺りは両車で乗り味の違いが大きく出ているトコロだと思います!

スバル フォレスター X-BREAK見積もり

今回の試乗車の仕様で見積もりを頂きましたので紹介したいと思います。

総額は、

f:id:togari31:20190531233955j:plain

387万円!!

思ったより結構いきました!

今回スバルさん初訪問ですが、車体と付属品の両方から10万円値引きは嬉しい!!

付属品詳細としてはこの様な内訳です。

f:id:togari31:20190531234351j:plain

今回はディーラーさんへお任せしたので、ボディーコーティングやドライブレーコーダーを外せばもう少しカットできそうですね。

続いて諸経費欄です。

f:id:togari31:20190531234727j:plain

新点検Pアイサイト車検5年 ¥128,885-とありますが、

これはよくある半年事の定期点検に足して、アイサイトの専門的な診断の費用が含まれているそうです。

アイサイトの専用診断はスバルの正規ディーラーのみ行えるそうですが、

仮にアイサイトが故障して装置を全部載せ換える事になると50万位の費用が発生する為、ディーラーとしては専用診断をおオススメしているそうです。

f:id:togari31:20190521003723j:plain

ただ初期のアイサイトでも今まで全部載せ換えのような故障事例は無いそうなので、強制では無く保険の様なものだと思います。

これらの付属品を巧くカットしていけば、

総額350万位には収まるのではないでしょうか!!

新型RAV4見積もり

新型RAV4 ガソリンGグレードの見積もりもご紹介します。

 総額は、

f:id:togari31:20190601001448j:plain

402万円!!

400万超えてきましたね!

新型RAV4は発売直後なので、値引きはあまり期待できないと思います。

付属品詳細としてはこの様な内訳です。

f:id:togari31:20190601001924j:plain

フォレスターも同じですが、ナビの性能が上がってきているので結構高額になってしまいますね。

細かいものをカットしていっても、

総額300万後半位にはなりそうです!

まとめ

f:id:togari31:20190519231639j:plain

今回のスバル フォレスター X-BREAKを試乗した感想としては、

エクステリアは先代型からのキープデザインで目新しさには欠けるものの、

実際には内装や装備類は最新の別物に進化しています!

後席シートヒーター標準装備や、オールシーズンタイヤ標準装備など、

所有後も満足出来る細かな演出で、ライバル車種に引けを取らない仕上がりだと思いました!

f:id:togari31:20190415225141j:plain
一方の新型RAV4は、力強いデザインとトルクフルな走りで、販売絶好調の理由も頷ける仕上がりだと思います!

個人的な印象としてはクルマのスタイルが近いこの2台ですが、

  • スバル フォレスターは実用重視のクロカン寄りな仕上がり
  • 新型RAV4はデザイン重視の乗用車寄りな仕上がり

のように感じました。実際に見く比べる事で、乗った後では印象が変わってきますね。 

クルマの魅力は自分で体感してナンボ!!

是非お近くのディーラーで体感してみて下さい!

f:id:togari31:20190525233030j:plain

クルマの購入を検討中の方は、クルマの下取りを検討されていると思うのですが、

買取業者への一括査定サービスは、複数業者との電話の同時交渉など自分で動く事が多くて結構面倒だなぁって思う人多いと思います!

そこで面倒な手続き・交渉を仲介で行ってくれる新しいサービスも登場しています!

  • 一括査定では無い、オークション式の新しいクルマの買取方式!
  • 買取業者の仲介をしてくれるので、しつこい営業電話は掛かってこない!
  • 車両情報のみの開示なので、買取業者に個人情報も流れない!
  • 査定は提携のGSか自宅での1回のみ! 約1時間で完了!

連絡は1社のみに絞られて取会社のうち1番高い金額を、仲介会社がネット内で提示してくれるので、安心して交渉が進める事が出来ます!

自分のクルマの下取り価格を知っておくと、ディーラーでの商談時に必ず役立つと思います! 

少し前になりますが僕の前車の7年落ちのハリアーが、

ディーラー下取り価格75万円のところ、買取業者だと130万円という驚きの結果でした!!

クルマを少しでも高く売却して、グレードアップやオプション装備の費用に当てちゃいましょう!

買取額の見積もりだけでも出来ますので、是非参考にしてみて下さい!

 

 

 

 

 次回のやっぱりクルマが好き。紹介するクルマは、

f:id:togari31:20190531125151j:image

遂に発売された日本の至宝!ww

オシリが超絶セクシーなCセグハッチバックを紹介しようと思います!

この予告自体が久し振りですw

なかなか余裕が無くて更新間隔を開けないよう、今後もお伝えしようと思います!

これからも見て下さる方へ何か役に立てる記事を書けるよう、試行錯誤していこうと思いますので、

見づらい!wwなどの感想でも良いですのでコメント等頂ければ嬉しいです! 

今後も話題のクルマ、気になるクルマを実際に体感して、素人目線ではありますが魅力をお伝えできたらと思っています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!